芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

新品スマホ、大量盗難が続出「半年で1億6000万円稼いだ」
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401696359/
sApple-iPhone-5-review-gsmdome_07
1 :幽斎 ★@\(^o^)/:2014/06/02(月) 17:05:59.45 ID:???0.net
新品スマホ:大量盗難が続出 起訴の男「中国はドル箱」
毎日新聞 2014年06月02日 15時00分
http://mainichi.jp/select/news/20140602k0000e040222000c.html

 ◇40歳男「半年で1億6000万円稼いだ」

 携帯電話ショップで新品スマートフォンが大量に盗まれる事件が相次いでいる。
盗難対策が講じられた日本では使えないが、中国に運び出せば高値で売れるという。
「半年で1億6000万円稼いだ。中国はドル箱だ」。スマホ窃盗事件で大阪地検に起訴された男(40)が記者に実態を明かした。

 男は昨年秋、仲間2人と兵庫県尼崎市の携帯ショップで「iPhone(アイフォーン)5」
などを盗んだとして大阪府警に逮捕、起訴された。余罪捜査のため今も府警本部に勾留中で、弁護人を通じて文書で取材に答えた。

 男によると、昨年3月ごろから、関西のNTTドコモ、ソフトバンクなど80カ所を超えるショップに侵入し、アイフォーン5などの新品スマホを盗んだ。
 「中国では盗んだスマホが高値で売れると聞いて盗みを始めた。特に人気が高い『アイフォーン』を狙った」
 窃盗の手口は、バールで店の窓ガラスを割り、数十台のスマホを素早く持ち出す荒っぽいものだった。
「盗みの時は(防犯カメラに映るのを避けるため)2枚のタオルで顔を覆い、月光仮面のような姿に変装した」
 逮捕されるまでの半年間に盗んだスマホは4000台以上。中国に売買ルートを持つという
中古携帯電話ショップに売りさばいた。仲間の一人が偽造した健康保険証を身分証にして持ち込んでいたという。
 アイフォーン5(記憶容量64ギガ)が1台4万8000円で売れた。大手家電量販店の中古品の買い取り相場の約1・5倍だった。
 男は記者に転売先の一つの店名を教えてくれた。大阪・日本橋の電器街の中古携帯ショップ。
男は中国人の男性経営者から「航空便で中国に送り、従業員が受け取って北京や上海で売る」と聞いたという。
 経営者は取材に「どこに転売するかは企業秘密だ。ただ、男のことも事件のことも中国のことも知らない」と話した。
 男はスマホで稼いだ約1億6000万円を仲間と山分けしたという。「有名ブランドの服や腕時計を身につけ、
高級ホテルを泊まり歩いた。ギャンブルや旅行にも使い、ぜいたくざんまいだった」と振り返る。今は事件を反省しているという。




7 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/02(月) 17:09:14.76 ID:cSfwH08F0.net
今は反省しているwwwwwwwwwww







中国人“転売ヤー”たちの行列トラブル事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1398815667/
ps3
1 : ファイナルカット(芋)@\(^o^)/:2014/04/30(水) 08:54:27.48 ID:Nh/Y6l1L0.net
人気ブランドショップのスニーカーやシャツ、フィギュアなどの限定商品を店舗で購入。それをネットオークションで転売して利ざやを稼ぐ“転売ヤー”たち。現在、その多くが中国人だ。

転売ヤー歴10年の日本人・A氏によると、中国人バイヤーが増え始めたのはここ3年ぐらいのこと。「中国では日本や欧米の有名ブランド品を持つことが
ステータスになりますからね」(A氏)と、中国人富裕層が日本に住む中国人を使って購入し始めたのがきっかけだという。

現在、それを“商売”にする中国人が急増しているというわけだ。別の転売ヤーもこう証言する。

「中国人が増えているのは東京だけじゃない。名古屋、大阪、福岡と有名ショップがある主要都市すべてです。各地域に元締めバイヤーがいて、商品を全力で買いにくる。

以前、大阪のあるショップが、店の前に日本語で『ここから並ぶように』と書いたけど、日本語のわからない中国人は行列に並べなかった。
それに後で気づいた彼らが『人種差別するな!』と猛抗議し、急遽ルールを変えて抽選になったこともありました」(転売ヤー歴5年のB氏)

このように、中国人転売ヤーが増えるにつれ、行列でのトラブルは日常茶飯事に。特に激しいのが、中国人同士のケンカだ。

「中国人バイヤーの中にもいくつものグループがあるんです。並んでいる位置が商品を購入できるかできないかのギリギリのところだと彼ら同士もピリピリし始め、よくケンカが起きる。
中国人がすごいのは平気で顔をグーパンチで殴ること。日本人同士ではあまり見ないけど、中国人同士だと当たり前。以前、新宿の某百貨店に血だらけで並んでいる人もいた。

先着ではなく、抽選入場の場合、いい番号を引いた人には中国人は多めにバイト代を払うことがあるんですが、そのルールがわからない人が怒って、バイヤーとケンカをすることも。
道路で大ゲンカが始まると、並んでいるみんなの注目の的ですよ」(転売ヤー歴8年のC氏)

店員とケンカ、並んでいる者同士でケンカ、バイヤーとケンカ……もはや、日本とは思えない光景だ。これが、販売数が少ない(=プレミアム度が高い)アイテムとなれば、
さらに中国人は大量の人数を投入。そのカオス度はより強くなる。
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/04/29/29689/2/








いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ