芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

ワタミが過労死裁判で傍聴席を管理職で占拠!!!!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395902239/
247443f527f9abf003523b0f7320df70_5278
1 :名無しさん:2014/03/27(木)15:37:19 ID:zAt4Oqj1b
渡辺美樹が経営する飲食大手のワタミが裁判にて原告側の傍聴者を追い出すために、裁判所の入り口を社員で塞ぎ、入り口が開くと同時に傍聴席を占領したと話題になっている。
twitterの声
・ワタミが動員して 裁判傍聴を妨害 ワタミが出て行けと罵声が飛びかっています
・ワタミ裁判。傍聴席をワタミ職員が埋めるという異常事態。一般の傍聴者が座れない、入れない。
・ワタミ裁判傍聴しようとしたら、ワタミが管理職を動員して傍聴席を占領。法廷に入る時に競り合いに。これは前代未聞だ。
・ワタミが姑息すぎる。今日はワタミの過労死遺族が渡邉美樹氏らを相手取った訴訟の期日で、渡邉美樹本人が出廷した様子。それに備えてワタミの管理職20名ほどが法廷の入口をふさぎ、入口が開いてすぐに傍聴席の多くを埋め、遺族の支援者の多くを入れなくさせてしまったのこと。
http://netgeek.biz/archives/7928




3 :名無しさん:2014/03/27(木)15:38:35 ID:zAt4Oqj1b
@yuma_gorori97
ワタミの社員さん公休で来ているんですか?

@yasuokajihei
公休かは分かりませんが、ボードを持った人が社員の出欠を確認していたようなので、組織的に動いていたのではないかと思います。








【これは酷い】 耳をかきながら運転 → 警官「携帯かけてただろ!」と違反扱い → 提訴し350円勝ち取る
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : バックドロップ(岡山県):2013/12/27(金) 11:31:07.23 ID:YvhlIBcf0

耳かきながら運転→携帯かけただろ 身に覚えない「違反」に提訴

 埼玉県に住む寺島和典さん(41)は八月、県公安委員会を相手取った訴訟で、たった一人の本人訴訟で勝訴を勝ち取った。

 「携帯かけてただろ。俺は見たから。それで違反だ」

 二〇一〇年五月、座席の肘掛けに肘をついて左耳をかきながら車を運転していた。
突然、眼鏡店の大きな看板の陰から出てきた警察官に、停止旗と警笛で制止され、言われた。耳を疑った。

 「私はかけてない」
 警察官「免許証見せなさい」
 「携帯の中の履歴を見てください」

 押し問答が二十分ほど続いた。最後には「免許証見せないと逮捕するぞ」と怒鳴られ、渋々、免許証を見せた。だが、交通反則告知書にはサインしなかった。

 寺島さんは十月になり免許を更新すると、違反点数が一点付加され、それまで無事故無違反の「ゴールド免許」だったのが、一般免許に変わっていた。一一年八月、提訴した。

  計九回の口頭弁論が行われた末、裁判所は今年三月、「警察官の捜査報告書や陳述書は信用性に乏しい」などとして、ゴールド免許での講習料との差額三百五十 円を寺島さんに返せ、と勝訴判決を下した。県は控訴したが、東京高裁は県の訴えを退け判決が確定。今月中旬、三百五十円が寺島さんの口座に振り込まれた。 警察から謝罪はない。

 寺島さんは「なぜ携帯履歴を調べなかったのか。ビデオを導入するとか、客観的で納得できる取り締まりをしてほしい」と訴える。

2013-12-28 社会(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013122602000234.html







【裁判】大阪、交野市「パチンコ屋と景品交換所は一体」裁判、「住民は原告適格無し」高裁で逆転敗訴
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2013/09/05(木) 15:17:12.34 ID:???0

大阪府交野(かたの)市の星田駅前にあるパチンコホール『ひま・わり星田店』の景品交換所や駐車場 が、大阪府が条例で営業を禁止する小学校から100メートル以内にあるとして、大阪府による当該店の営業許可の取り消しを求めていた裁判の控訴審で、大阪 高裁は8月30日、景品交換所や駐車場とホールは「社会通念上一体とみなされる」ために営業許可処分を取り消すとした大阪地裁による第1審の判決を無効と し、1審原告らの訴えを棄却する逆転判決を言い渡した。

 大阪高裁は、景品 交換所や駐車場を風俗営業所に含めるかどうかを判断する根拠となる風適法の運用や同法に基づく営業の認可(大阪府による行政処分)が妥当性を欠くとして認 可取り消しを求める「自己の法律上の利益」が、「被控訴人」という立場で裁判に挑んだ当該店の近隣住民には存在せず、そのために「原告適格」(原告としての適格性)を有しないと判断。「原告適格」を有しない以上、住民らの営業許可取り消し請求は不適法となるために、地裁による第1審判決を取り消すとの結論を示した。

本訴訟では、道路を隔てる駐車場と景品交換所がホール(ぱちんこ屋)と一体なのかどうかが争点のひとつとなっていた。またもうひとつの争点として、訴えを起こした近隣住民に「原告適格」があるかどうかが裁判の焦点となってきた。

高裁判決では2点目の「原告適格」が近隣住民には無いとされたために、1点目の争点であった景品交換所や道路を隔てた駐車場のホールとの一体性について、判決のなかで触れられていない。

  大阪地裁による2012年11月27日の1審判決では、これまでのホール出店についての訴訟では認められてこなかった住民側の「原告適格」が認められると いう異例の見解が示され、また大阪府公安委員会による営業許可の判断を裁判所が否定するという踏み込んだものであったため、ホール業界関係者だけでなく、 行政の担当官にも大きな衝撃を与えた。

 高裁判決の傍聴にも出席した交野市議会議員のブログによれば、近隣住民らは最高裁への上告の準備を行う考えであるという。

2013-09-05


http://www.vsearch.co.jp/news2/news03/pg1200.html







被告「難病で体が動かず痴漢なんかできない」 裁判官「やってない証明にならない 有罪」
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ドラゴンスクリュー(関西地方):2013/08/28(水) 21:33:05.77 ID:KBAyl53t0

<再審請求>痴漢で服役71歳の請求棄却 東京地裁
 ◇「難病で指動かせず」の訴え認めず

 電車内で痴漢をしたとして実刑判決を受け服役した元小学校教諭の男性(71)の再審請求審で、東京地裁(細田啓介裁判長)は28日、請求を棄却する決定を出した。弁護側は即時抗告する方針。

 元教諭は2005年3月、西武池袋線の電車内で、右手指で女性の下半身を触ったとして、石神井公園駅(東京都練馬区)で現行犯逮捕。強制わいせつ罪に問われ、東京地裁は07年2月に懲役1年10月を言い渡し、10年7月に最高裁で上告が棄却され確定した。

 再審請求審で元教諭側は、事件当時、手指を動かすと強い痛みを生じる難病の「全身性強皮症」だったとする医師の鑑定書などを新証拠として提出し、「強皮症の症状が高度に進行し、右手指を動かすことは非常に困難だった」と訴えた。
しかし、細田裁判長は「確定判決の証拠と併せて検討しても、事件が不可能だったとの疑問は生じない」と退けた。


2013-08-28


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130828-00000067-mai-soci







国分寺市「駅前ビルにパチンコ店の計画があるから図書館分館を作ろう」→3億3400万円の賠償命令
このエントリーをはてなブックマークに追加
20130719-235337_
1 : 黒(チベット自治区):2013/07/19(金) 14:59:45.50 ID:+SDj9G2z0

パチンコ店の出店を予定したビルの隣に国分寺市が図書館の分館を設置したため、風営法などで出店が禁じられて損失を受けたとして、静岡県のパチンコ 店経営会社などが同市に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、同市側に約3億3400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

志田原信三裁判長は「出店を阻止するための違法な図書館設置で、原告の営業上の権利を侵害した」と指摘した。

判決によると、同社はJR国分寺駅前のビルにパチンコ店を出すことを計画していたが、駅前の再開発を計画した同市などが反対。
同市議会が2006年、ビル隣接地に市立図書館の分館を設置するとの市条例の改正案を可決した。
風営法などは図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業を禁じており、同社側は出店を断念した。

訴訟で同市側は「図書館設置は市民の要望に応えたもので、パチンコ店の出店阻止の意図はない」と主張したが、判決は「議会で出店阻止が議論され、市も顧問弁護士らに出店阻止の法的問題を相談していた」と指摘。
「市の手法は社会的相当性を逸脱している」として、出店していれば得られた利益などを基に同社側の損害額を算出した。

.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000710-yom-soci







拳銃を奪うべく石灯籠で警官襲った中国人、撃たれて死亡→警官、無罪確定へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2013/04/23(火) 20:33:08.95 ID:???0

★警官発砲、無罪確定へ 栃木市内の中国人死亡

栃木県で平成18年、職務質問中に抵抗した中国人男性に拳銃を発砲して死なせたとし て、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われ一、二審で無罪判決を受けた同県警の巡査部長、平田学被告(37)について、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長) は、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。
無罪が確定する。決定は22日付。

事件は18年6月23日に発生。二審判決などによると、鹿沼署駐在所勤務の巡査だった平田被告が、栃木市内の路上で元研修生の羅成さん=当時(38)=を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しようとしたが抵抗され、拳銃を発射。腹に命中させ死亡させた。

指定弁護士側は「警棒や威嚇射撃などで対処できた」と主張したが、一審宇都宮地裁は、男性が石灯籠の一部を頭に向かって振り下ろそうとしたためやむを得ず発砲したとして、正当防衛の成立を認定。二審東京高裁も支持した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130423/trl13042320140006-n1.htm

※元ニューススレ
・【裁判】 石灯籠で襲ってきた中国人を撃って死なせた警官に、懲役4年求刑…遺族「彼は人に手を挙げた事ない」、弁護士「警棒使え」★3
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1292922587/

・【裁判】 "拳銃奪おうと警官に石灯籠振り上げた中国人、発砲され死亡"で、地裁が暴行陵虐致死罪で付審決定…不起訴、覆される
"巡査は06年6月23日夕方、西方町の路上で、男性を公務執行妨害で逮捕しようとした際、石灯籠(どうろう)を振り上げて抵抗する男性に対し、拳銃を1回発砲し、男性の左腹部に命中させ、死亡させたとされる"
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1240881874/

・【裁判】 "拳銃を奪おうと警官襲った中国人、発砲され死亡"で、遺族らが5000万の損賠求める→棄却される…宇都宮地裁★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1240501897/








駅ホームで9歳女児を殴ったうえ線路に落として殺そうとした鬼畜男に、懲役1年判決
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2013/04/12(金) 21:20:08.86 ID:???0

★女児殺人予備 男に実刑判決

ことし1月、橋本市のJRの駅で、当時9歳の女の子を殴り線路に突き落とそうとしたとして殺人予備の罪に問われた男に、12日和歌山地方裁判所は「幼い女の子が受けた苦痛を考えると生じた結果は重大である」として懲役1年の実刑判決を言い渡しました。

橋本市の無職、島崎二郎被告(40)は、ことし1月、橋本市のJR和歌山線の紀伊山田駅の構内で当時9歳の女の子を線路上に突き落として殺害しようとしたとして殺人予備の罪に問われています。
判決で、和歌山地方裁判所の溝田泰之裁判官は「抵抗できない女の子の手をつかんで駅ホームのベンチまでつれていき線路上に突き落として殺害するため数分後に 到着する予定の電車を待っていたという非常に危険で悪質な犯行だ」と指摘しました。そのうえで「女の子は殺されてしまうかもしれないという恐怖の中、手をつかまれ殴られていたので、幼い女の子が受けた肉体的、精神的苦痛を考えると生じた結果は重大である」として、検察の懲役1年6か月の求刑に対して、懲役1年の実刑判決を言い渡しました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2043857741.html?t=1365753904750









【裁判】 「懲役5〜8年、重すぎ」 無免許&居眠り運転で小学生や妊婦を大量に死傷させた少年側、控訴…亀岡暴走事故
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2013/03/01(金) 22:19:35.44 ID:???0

★亀岡暴走事故 運転少年側も控訴「量刑重すぎる」

 京都府亀岡市で昨年4月、軽乗用車が暴走し集団登校中の小学生ら10人が死傷 した事故で、自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の罪に問われ、今年2月に京都地裁で懲役5年以上8年以下(求刑・懲役5年以上10年以下) の不定期刑の判決を言い渡された無職少年(19)の弁護側は1日、判決を不服として、大阪高裁に控訴した。検察側も前日の28日に控訴していた。

 控訴理由について、少年の弁護人は「被告は少年であり、地裁判決の量刑は重すぎる。検察側が控訴したことも含め、弁護人として控訴が必要と判断した」と述べた。弁護側は1審で保護処分が相当と訴えていた。

 1審判決によると、少年は昨年4月23日朝、亀岡市内の府道で居眠り運転して集団登校の列に時速50キロ以上の速度で突っ込み、3人を死亡させ7人に重軽傷を負わせた。また、同11、17日と22~23日に無免許運転した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000594-san-soci


※元ニューススレ
【社会】亀岡死傷事故で控訴=運転少年の量刑不当-京都地検[02/28]
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1362053910/

【社会】 「仇とる…」 "無免許暴走少年は少年法で守られ、危険運転も不適用"で死亡女児の父怒り…5歳妹「パパ、泣いたらあかん」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1336984046/

【社会】 小学生の列に、無免許の18歳少年の車突入。子供1人と26歳妊婦死亡、おなかの赤ちゃんも死亡、子供2人重体…京都★12
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1335164147/







「アスペルガーだから懲役20年」と言う判決にブチ切れ、2審始まる
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : マーゲイ(秋田県):2013/01/29(火) 17:31:42.30 ID:zvDQpw1O0

発達障害のある被告が殺人の罪に問われ、1審の裁判員裁判が、「発達障害に対応できる社会の受け皿がない」として求刑を上回る懲役刑を言い渡した事 件で、29日、2審の裁判が大阪高等裁判所で始まり、弁護側は1審判決について、「発達障害に対する偏見と差別がある」と厳しく批判しました。

この事件は、おととし、大阪・平野区の住宅で発達障害のある大東一広被告(42)が、姉から自立を促されたことに腹を立て、包丁で殺害した罪に問われているものです。

1審の裁判員裁判は、「社会の中で発達障害に対応できる受け皿が何ら用意されておらず、その見込みもない現状では再び罪を犯す心配があり、長期間刑務所に収容することが社会秩序の維持にも資する」として、検察の求刑を上回る懲役20年を言い渡していました。
弁護側が控訴して、29日から大阪高等裁判所で始まった2審で、被告の弁護士は「受け皿がないと決めつけ、発達障害を理由に重い刑罰を科した1審判決には偏見と差別がある」と厳しく批判しました。

そのうえで「発達障害の影響で被告は当時パニックに陥り、心神耗弱の状態だった」と主張し、刑を軽くするよう求めました。
これに対し検察は、責任能力があったと反論して裁判は結審し、来月26日に判決が言い渡されることになりました。
1審判決を巡っては、障害者の支援団体などから発達障害に関する理解や認識が不足しているといった指摘が相次いでいました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130129/k10015142841000.html







【裁判】元バス運転手の敗訴確定 高知・白バイ隊員死亡事故
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :そーきそばΦ ★:2012/11/13(火) 17:47:40.81 ID:???0

高知市春野町で平成18年、バスに高知県警交通機動隊の白バイが衝突し男性隊員=当時(26)=が死亡した事故をめぐり、業務上過失致死罪で有罪判 決が確定したバスの元運転手、片岡晴彦さんらが「証拠が捏造された」として県などに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は13日 までに、原告側の上告を退ける決定をした。敗訴が確定した。9日付。

 1、2審判決によると、片岡さんは18年3月、中学生らを乗せたバスを運転して駐車場から国道に出る際に安全確認が不十分だったため、白バイと衝突し隊員を死亡させた。20年に最高裁が上告を棄却し、禁錮1年4月の有罪判決が確定した。

ソース 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121113/trl12111314480011-n1.htm

高知白バイ衝突死事故 - Wikipedia

2006年3月3日午後2時30分頃、高知県高知市(事故当時は吾川郡春野町)で、道路左側のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが、国道56号の交差点に道路外から右折横断進入しようとしたところ、高知県警交通機動隊の巡査長が運転する白バイと衝突し、白バイに乗っていた巡査長(当時26歳)が、胸部大動脈破裂で死亡した。バスの乗員乗客にけがはなかった。

スクールバス運転手(当時)が、安全確認不十分のまま道路に進入したことによって、事故を起こしたとして、逮捕・起訴されたが、運転手は、起訴事実はなく、バスは停止しており、複数証人もいるとして、無罪(冤罪)を主張した。

また、弁護士と一部メディアが、交通事故鑑定人による検証実験、目撃者取材などを行った結果、「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」とする警察・検察側の主張には疑義があり、提出された証拠は捏造された可能性が高く、当時、現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われており、事故は自損事故であると主張。一方、高知県警は、高知県議会や記者会見で、証拠捏造や白バイ側の過失を否定した。

2008年、最高裁は上告を棄却し、一審通り禁固1年4ヶ月の刑が確定。元運転手は10月23日、高知地検に出頭して高知刑務所での数週間の収監を経て、同年11月からは加古川刑務所(交通刑務所)に収監され服役し、2010年2月23日出所。身元引受人が居るにも関わらず仮釈放が認められなかった為、満期での出所となった。







いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ