芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

この3万円のアウターが欲しいんだけど…お前ら的にどう?(画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
どうや?
no title





【謎】オタクはなぜ皆申し合わせたように”コレ”を身に着けるのか・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
マジな疑問なんやが





【悲報】「女はスリムな男が好き」←これwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
案外注目されない
女はスリムな方が好きなんじゃなかったんか





【悲報】店で全身マッサージを受けた結果・・・なにコレ・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
昨日店で受けたんだけど
眠気と腹痛なしの下痢がひどい
気分はスッキリしてんだけど
なにコレ?





昔みんな着ていた「PIKO」Tシャツの現在wwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title


 夏になると思い出すTシャツがあります。渦のような大きなロゴマークが背中にプリントされた「PIKO」のTシャツです。
15年ほど前、私が小中学生の頃、多くの友だちが着ていました。海のない県でしたが、サーフ系のファッションに憧れた
のを覚えています。そう言えば、最近見ないなあ。話を聞きに行ってみると、過去のイメージから脱却するための試みが
ありました。

小学生、スポーツブランドが目立つ

 小学生の頃、鮮やかな色の「PIKO」のTシャツを着ていた友だちはクラスの中心的存在。中学生の頃は、夏のカッター
シャツの下にPIKOのTシャツが透けている男の子の背中がまぶしかったです。

 かくいう私もよく着ていた1人です。なんだかとてもカッコよく感じ、サーフィンが何かもわからなかったのですが、
平ぺったく言うと「イケてる」感じがしました。

 そう思って周りを見渡すと、「PIKO」のTシャツを着ている子どもが見当たりません。気になったので、調べてみることに
しました。

 思い出をたどると、イケてる友だちがいたのは「イオンのゲーセン」。そんな謎の確信があったため、東京近郊の
イオンのゲームセンターに行くことに。

 親子連れや、小中学生が集まるゲームセンターにたたずむ27歳。クレーンゲームにお金を吸い込まれながら、
1時間ほど観察しました。

 小学生の男子と思われる子どもを中心に、チェックしたのは総勢37人。「PIKO」を着た少年はいませんでした。
ブランドがわからないTシャツも多かったのですが、目立つのはPUMAやNIKEなど、スポーツブランドでした。

「PIKO」は「へそ」の意味

 あの頃のTシャツは今、どうなっているんだろう。どうしても知りたくなって、「PIKO」を企画・販売している株式会社
クリムゾン(東京都墨田区)に行ってみました。

続きはソースで
https://withnews.jp/article/f0170902003qq000000000000000W06910801qq000015783A





こういうファッションで大学行くのってありか?なしか??(※画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title

周りと差をつけたい





【画像】夏になるとこういう服装になる女の子wwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
ぶっちゃけ好き

no title





【悲報】最近の女子小学生の服、クッソ高いンゴwwwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
お父さん可哀想

no title

■ワンピース
 ¥13,824
■カチューム
 ¥3,996
■サンダル
 ¥11,664





【朗報】めちゃくちゃ可愛い美少女コスプレイヤーが発掘されるwwwwww(画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
すごい

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title





ジョブズも実践していた『毎日同じ服を着ること』の5つの利点
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
何年か前、筆者は毎日あえて同じ服を着るという実験をしてみた。一週間にわたり、同じダークグレーのTシャツとカーキのパンツで過ごした。周囲の人たちがそれについて何を言い、自分自身がどのような考えを持つか、試してみたいと思ったのだ。

自発的にその実験を開始したにもかかわらず、感じたのは別の服を着るべきだというプレッシャーだった。われわれの大半は、毎朝何を着るべきか考え、決めるように訓練されている。筆者も例外ではない。

だが、その1週間が経過しても、誰かが服について何か言うことはなかった。ほとんどの人は、それぞれ自分のことで手いっぱいだ。社会心理学者が呼ぶところの「スポットライト効果」を示すいい例だ。そして、この「沈黙」が筆者にもたらしたのは、「解放」だった。

ワードローブを最小限にしたい人、人生の「ユニフォーム」を見つけたい人、そしてただ消費を控えたいと思っている人に、この実験を試してみてほしい。お勧めしたい理由は、以下に挙げるとおりだ。

1. 「決断疲れ」を減らせる

決断することから逃れられる人はいない。どの選択肢も、われわれを疲れさせる。そして、より大きな結果を伴う決断はより大きなエネルギーを消費させる。小さなことに思えるかもしれないが、いつも着る服を決めておくことで、一日分の意思決定のためのエネルギーを温存しておける可能性が高まる。

2. 似合うものが分かる

同じ服には飽きてしまうだろうか?その服装は、本当に自分に似合っているのか?──実験中の1週間で、筆者は自分自身を試した。そして、どのような服が自分にとって最も重要なのかを認識することができた。

自分自身の「スタイル」を見つけるまでには、時間がかかるかもしれない。だが、何を着ていれば自信を持てるのか、快適でいられるのかを理解することは、自分に力を与えてくれる。

3. ワードローブを最小限に抑えられる

ミニマリズムとは、最も重要なことに焦点を絞り、それ以外を排除することだ。何にでも取り入れられる考え方だが、服については特にそうだといえる。

筆者は実験後、積極的にこの考え方を実践し、服を買い替えないよう努めてきた。すると少しずつ、自分にとって本当に大切なものになる服だけを選ぶようになっていった。服を選ぶときに、どれを着たいのか悩むこともなくなった。

(以下省略、つづきはウェブで!)

no title

https://forbesjapan.com/articles/detail/16710





いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ