芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

【恐怖】特殊清掃(死体で汚れた部屋を掃除) 月10日勤務 年収600万 学歴不問←これ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
なんJ民やれよ





【恐怖】韓国の2人の少女による猟奇事件、ガチで闇が深すぎる…どういうことなの
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
韓国で小2女児を猟奇殺人 17歳と18歳の2少女犯行、世論騒然
http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260026-n1.html

韓国で、小学2年の女児を17歳の少女が殺害して遺体を切断し、その一部を友人の浪人生の少女(18)に分け与えたとみられる殺人事件が発覚した。
猟奇的な内容に加え、捜査ミスで主犯格を取り違えていた可能性が26日までに浮上、世論が騒然としている。

韓国メディアによると、17歳の少女は3月29日に西部仁川の公園で遊んでいた女児を自宅に連れ込み、首を絞めて殺害した上、遺体を切断した容疑で逮捕された。

今月23日の公判で少女は、浪人生の指示に従って女児を殺し、求められた遺体の一部を渡したと主張。浪人生が以前「自分の中には残虐な別の人格が存在する」と話していたとも証言した。

浪人生の罪を軽くする相談を2人でしていた形跡があることも新たに判明、検察は犯罪の構図を再検討し、浪人生を殺人教唆で立件する検討を始めた。





【恐怖】女が運転する仮免練習中の車に「ヘタクソ!」と怒鳴ったら助手席の彼氏がブチギレて追いかけて来たンゴwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
https://youtu.be/AVGA_gnLs6A


彼氏「左に寄せたらすれ違える」
彼氏「クラクション鳴らしてすみませんってお礼言って」
プリウス「ヘタクソ!」
彼氏ブチ切れ→運転交代して追いかけ恫喝→プリウス運転手土下座へ





【怖えぇ…】仮想通貨が一時ほぼ無価値に…「イーサリアム」瞬間的に99.97%の価値が消える
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
瞬間的に99.97%の価値が消えた――。インターネット上でやりとりされる仮想通貨を「フラッシュクラッシュ」(瞬時の急落)が襲った。事が起きたのは米東部時間21日の15時半。取引所のGDAXで、仮想通貨として「ビットコイン」に次ぐ人気を誇り、遠からずビットコインを追い抜くともされてきた「イーサリアム」がドルに対する価値をほぼ全て失う瞬間があった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23H1Q_T20C17A6000000/





【犯人画像あり】1歳児を窒息死させた母親のご尊顔がこちら・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170624-00000012-nnn-soci

神奈川県で長男を殺害した疑いで母親らが逮捕された事件で、事件前に母親が市の児童相談窓口を訪れていたことがわかった。

 無職の福良有貴容疑者(26)と、内縁関係にあった太田真司容疑者(29)は去年9月、神奈川・相模原市の自宅で福良容疑者の長男の颯人ちゃん(当時1)を窒息させ、殺害した疑いで逮捕されている。

 近所の人「子どもは救急隊の人に抱っこされながらグテッとなっている状態。(福良容疑者は)動揺は全然」

 その後の捜査関係者への取材で、福良容疑者は事件前に親戚とともに相模原市の児童相談窓口を訪れ、定期的に助言を受けていたことがわかった。
当時、颯人ちゃんの体に目立った傷はなく、警察は颯人ちゃんが死亡した経緯をさらに調べる方針。


http://i.imgur.com/QqLPC0m.jpg





【怖えぇ…】有名ブロガーの死因が話題に 遺族「この種の器具を自宅で使わないで!」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
フランスの著名なフィットネスブロガーで、写真共有サイトのインスタグラム(Instagram)上でも人気を集めていた女性が18日、クリームを加圧して泡立てる器具が爆発して胸に当たるという不慮の事故で死亡した。遺族が明らかにした。

死亡したのは同国東部在住で、インスタグラム上で多くのフォロワーを持っていたレベッカ・バルガー(Rebecca Burger)さん。定期的に写真を投稿し、フィットネス製品を紹介していた。

遺族はバルガーさんのインスタグラムのアカウントに、問題の商品に類似した、小型の加圧カートリッジが付属した器具の写真を投稿し、「これが、爆発してレベッカの胸を直撃し結果的に彼女の命を奪ったホイップクリームディスペンサーの一例です」と明らかにした。

さらに「この種の器具を自宅で使わないで! 何万点もの欠陥品が依然流通しているから」と指摘し、同様の商品を使用しないよう呼び掛けている。

警察筋はAFPに対し、レベッカさんの死亡の事実を認めた。警察は捜査に乗り出しているという。

フランスでは2014年にも同様の事故が2件起きているが、いずれも死者は出ていなかった。

国立消費研究所(INC)は先に、今回事故を起こしたアルタイム(Ard'Time)社の商品と同種の器具について、プラスチック製のふたが内部の炭酸ガスの圧力に耐えられない恐れがあるとして注意喚起していた。

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3133015





【怖えぇ…】東大阪市で路上に女性の全裸遺体 「男が引きずってきていた」との目撃情報(画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
20日午後2時ごろ、大阪府東大阪市渋川町2丁目の路上で、
高齢の女性が倒れていると近所の男性から110番通報があった。
女性は仰向けに倒れており、死亡していた。
「男が引きずってきていた」との目撃情報があるといい、府警は死体遺棄事件として調べている。

布施署によると、女性は70歳ぐらいで、着衣はなく、目立った外傷はなかったという。
所持品もなく、府警は身元の特定を急ぐとともに、周辺の防犯カメラを確認するなどして男の行方を追っている。

以下ソース:朝日新聞 2017年6月20日16時23分
http://www.asahi.com/articles/ASK6N5CM0K6NPTIL026.html





【恐怖】精神に異常をきたした男の末路ランキング ・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
10位 自分を医者だと思い込んだ連続殺人者

ある病院の掃除夫をしていた男フレデリック・モースは徐々に心を病み、自分を医者だと思い込むようになった。

尋問されたモースはあっさりと犯行を認めた。
「すべて私のせいではありませんよ。私が殺したのは8人だけです」
 動機を訊かれると、
「ごらんなさい。ここの老人たちの惨めな状態を。これでは生きていても仕方がありませんよ。だから救ってあげたのです」

 心神喪失と認められたモースは、マタウェン精神病院に収容されたが、1916年5月16日に脱走し、現在に至るまで行方知れずである。





【悲報】日本、ヤバいものが出てきて大混乱に・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
強い毒を持つ南米原産のアリ、ヒアリが、神戸港に陸揚げされたコンテナの中だけでなく、新たにコンテナ置き場でも見つかったことを受けて、
市は捕獲用のトラップを周辺の450か所に新たに設置するなど調査を進めています。
ヒアリは強い毒を持つ南米原産のアリで、刺されると呼吸困難などのショック症状を起こして死に至ることもあります。

先月26日に神戸港で陸揚げされ、兵庫県尼崎市に運ばれた中国、広東省からのコンテナの中から数百匹が国内で初めて見つかり、
さらに今月16日には、コンテナが5日間保管されていた神戸港のコンテナ置き場でもおよそ100匹が見つかっていました。

神戸市はヒアリが周辺に広がったおそれもあるとして、害虫駆除の専門業者とともに19日、コンテナ置き場の周辺に捕獲用のトラップを設置するなど、調査を進めています。
トラップは粘着剤がついたプラスチック製の板で、市では新たに450か所に設置し、ヒアリがいないか確認することにしています。

神戸市みなと総局海岸防災課の青位宙係長は「ヒアリが広がっていないか、チェックして、市民の安全を確保したい。見つけた場合、すぐに連絡してほしい」と話していました。

ヒアリの捕獲用トラップ 新たに450か所 神戸
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022781000.html





【悲報】ダムの下流で母子が流された事故の原因があまりにも酷い…記念行事の「観光放流」で予告・警告無しに2倍の放流量
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。
親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。

県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の様子を近くで見せる「観光放流」をした。
その後、高まった貯水池の水位を下げるため放流量を通常の2倍以上に増やしたが、下流への事前連絡やサイレン警告などはしなかった。

男児は流された直後に公園職員らが浮輪を投げるなどして救出され、母親は100メートル流されて自力で川岸にたどり着いた。
男児はひざにすり傷を負い、母親は低体温症と診断された。通常30~40センチの現場の水深は、事故時は85センチほどあったという。

同課は「観光放流は今回が初めてだった。下流に伝えるべきだった」と話す。(岩波精)

17日に加治川治水ダムで実施された観光放流の様子
no title

水難事故があった滝谷森林公園
no title


配信 2017年6月18日20時48分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK6L3WF1K6LUOHB004.html





いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ