芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

【悲報】発生した台風13号の名前「ハト」てwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
8月20日午後3時、フィリピンの東で台風13号「ハト」が発生しました。

台風13号の現況と今後の見通し

8月20日午後3時、フィリピンの東で台風13号「ハト」が発生しました。台風13号は午後3時現在、中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に20キロの速さで西に進んでいます。今後は西よりに進む見込みです。沖縄近海は高波に、沖縄地方は荒れた天気になるおそれがありますから、最新の台風情報や気象台からの気象情報にご注意下さい。

台風には「アジアの呼び名」

「ハト」は日本が用意した名前です。日本では実在する星座の名前をつけています。

台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/08/20/77941.html





【続報】”緊急事態”を宣言し関空に着陸したアメリカン航空機のその後がこちら・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
2017年8月15日 19時1分
http://news.livedoor.com/article/detail/13476786/

緊急事態を宣言していたアメリカン航空280便(ボーイング787-9型機)が関西国際空港に着陸した。(JX通信社/FASTALERT)

-------------------------------------------------------------------------------

ダラスに向けすでに離陸 20:40頃
https://twitter.com/tomo19811226/status/897425514490609664

関連スレ
【緊急事態】 アメリカン航空機が緊急事態を宣言 大阪湾上空を飛行★3
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502800392/





【恐怖】40代独身男性を自殺に追い込む「理想の男性像」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
40代独身男性の自殺が多い理由は、不思議と男性が結婚できない理由と似通っています。

10~44歳までの男性の死因の第1位が「自殺」という事実を、ご存じでしょうか??がん(悪性新生物)でも心疾患でも交通事故でもないのです。45~49歳でも2位ですし、50~54歳でも3位に入ります。表は2015年のデータですが、すくなくとも2007年からはずっとこの傾向が続いています。

男性の年齢別死因順位(2015年)
no title


■2003年に独身男性が既婚男性の自殺者数を超える

男女配偶関係別、自殺者の長期推移
no title


※省略

■40代独身男性の自殺は、なぜ多いのか?

原因・動機別の自殺割合
no title


※省略

■男性が「結婚できない理由」と「自殺する理由」は似ている

この結果を見て素直に私が感じたのは、「未婚男性の結婚できない理由と似ている」ということでした。

ただ、年収が低いほど男性の未婚率が高いことは周知の事実ですが、カネの問題だけが男の非婚化を推進しているわけでありません。それは全体の一要素にすぎないのです。

自殺に関しても同様です。ここで挙げられた男たちの自殺の原因動機は、あくまで自殺に至るプロセスの中の一要素にすぎません。確かに不景気や失業率が上がると自殺が増えるという相関関係はあるでしょう。

しかし、好景気に沸いたバブル絶頂期の1989年の40代自殺者数は、2015年の実績よりもむしろ多いのです。

※省略

■40男は「男らしさ」の規範に殺されている

男たちの意識や行動を無意識のうちに規定してしまっている外的環境圧力とは何か??それは、社会規範ではないかと私は考えます。規範とは社会における常識であり、ルールです。

前回「独身を追い詰める『悪意なき結婚圧力』の正体」に書いた「結婚するべき」という結婚規範もその一種ですが、「男は男らしくあるべし」という性別規範もあります。そして、この「男らしさ」の規範こそ、無意識のうちに男たちを自殺へのプロセスに導いていたのではないかと思わざるをえないのです。

「男は働くべき」「男は稼ぐべき」「男は家族を養うべき」そして「男は我慢すべき」……。

苦しいこと、言いたいこと、不満……。それらをこらえていくのが男の修行である」とは、戦前の軍人山本五十六の言葉ですが、それは、男の美学として承認されてきたことでした。しかし、皮肉にも、そんなあるべき男の姿という幻想によって、男は自殺へと導かれているのではないでしょうか。

そして、意外かもしれませんが、独身男性のほうがこの「男らしさ」規範に縛られていて、既婚男性の1.3倍多く存在します(2015年「ソロ男プロジェクト」調べ N=626)。

「働くべき」男が、何らかの理由で働けなくなることも、「養うべき」男が、何らかの理由で(負債を抱えずとも)カネを稼げないことも、男にとっては男であることの規範からの逸脱であり、男としてのアイデンティティの?奪を意味します。

「うつ病」になる要因も、仕事上において「あるべき男」になれなかったことに起因するのかもしれません。自殺してしまった男たちは、ギリギリまで追い込まれて、心が傷だらけになっても、弱音を吐かず、最期まで必死で生きようとしていた、むしろ、誰よりも生きることに対してまじめでひたむきだったのではないでしょうか。

男らしさの規範とは、男はこうあるべき、というアイデンティティの押し付けです。統一的な集団として安定が保証されていた時代はそれでよかったでしょう。

しかし、現代の液状化する不安定な社会の中で、マジョリティのレールからはみ出した者を、こうした規範こそが自己責任の名の下に切り捨ててしまってはいないでしょうか。彼らの声を遮断し、苦しむ姿さえ透明化してはいないでしょうか。

これらは決して個人の内面の問題ではないのです。「男も弱音を吐いていい」という言い方では解決しません。弱音を吐くことすら許されないという規範からの解放が先決です。

配信 2017年08月10日
東洋経済オンライン ※全文はソース先で
http://toyokeizai.net/articles/-/183817





【恐怖】死刑因「え!?ケーキ食べるだけで死刑延期できるんですか!?」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
やったぜ。





【悲報】日 本 は あ と 8 年 で 終 了 す る
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
そもそもの数値に疑いを持たざるを得ないが、恐ろしいのは、「試算」が2025年度までしか示されていないことだ。
内閣府が政権交代直前の2009年6月に「試算」を最初に発表した際には、2023年度までの15年の期間の試算を発表した。
それに倣えば、今回の「試算」では2032年度までのシナリオが示されているはずである。

ところが、年に2度発表される「試算」の最終年度は、民主党政権期の2010年から毎回、2023年度に固定され、発表される度に試算期間は短縮された。

自民党が政権を奪還した後の2014年7月の「試算」で最終年度は2024年度となり、試算期間は10年に伸びた。
その後、最終年度は2024年度に固定され、昨年7月の「試算」では試算期間が8年に圧縮された。
今年1月発表の「試算」から最終年度が2025年度となったが、試算期間は8年に保たれたままである。

政府は満期が最長40年後の国債を発行しているのであるから、少なくとも40年後の2057年度までの経済・財政に関する試算を公開する義務がある。
米国では、議会予算局(CBO)が10年後の2027年までの試算とそれを延長した30年後の2047年までの試算、会計検査院(GAO)が43年後の2060年までの試算、
さらに、財務省(DOT)が74年後の2091年までの試算を、それぞれ発表している。

それなのに内閣府が8年後の2025年度までの「試算」しか発表しないのは、なぜだろうか。

「所詮は敗戦国の日本に、国家百年の計など、あるはずがない」と一刀両断する前に、その理由を今回の「試算」の中に探ってみる。

いかそ
日本の余命はあと8年⁉政府の楽観予測が示す「暗い未来」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52409





【悲報】コインパーキングの料金を踏み倒そうと不正な停め方した男の末路wwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
コインパーキングの料金を踏み倒そうと車止めのロック板をタイヤで踏み、他の利用客が駐車できなくしたとして、大阪府警東署は3日、威力業務妨害の疑いで、大阪市旭区大宮、会社員、佐井川(さいかわ)裕丞(ゆうすけ)被告(28)=同罪で起訴=を再逮捕した。
「仕事中に車を止めていた。昨年4月ごろから100件ぐらいやった」などと供述、容疑を認めている。

再逮捕容疑は、6月5日~7月6日、同市中央区や城東区、神戸市兵庫区のコインパーキングで計6回にわたり、料金を踏み倒すためにロック板を右後輪で踏んで跳ね上がらない状態にしたまま駐車し、他の利用客が駐車できなくして営業を妨害したとしている。

同署によると、佐井川容疑者は大阪市中央区のコインパーキングで6月下旬に同様の手口で計2回不正駐車したとして、同容疑で7月に逮捕されていた。

配信2017.8.3 18:12更新
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030084-n1.html





【悲報】コインパーキングの料金を踏み倒そうと不正な停め方した男の末路www
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
コインパーキングの料金を踏み倒そうと車止めのロック板をタイヤで踏み、他の利用客が駐車できなくしたとして、大阪府警東署は3日、威力業務妨害の疑いで、大阪市旭区大宮、会社員、佐井川(さいかわ)裕丞(ゆうすけ)被告(28)=同罪で起訴=を再逮捕した。
「仕事中に車を止めていた。昨年4月ごろから100件ぐらいやった」などと供述、容疑を認めている。

再逮捕容疑は、6月5日~7月6日、同市中央区や城東区、神戸市兵庫区のコインパーキングで計6回にわたり、料金を踏み倒すためにロック板を右後輪で踏んで跳ね上がらない状態にしたまま駐車し、他の利用客が駐車できなくして営業を妨害したとしている。

同署によると、佐井川容疑者は大阪市中央区のコインパーキングで6月下旬に同様の手口で計2回不正駐車したとして、同容疑で7月に逮捕されていた。

配信2017.8.3 18:12更新
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030084-n1.html





【悲報】ヤクザさん、一般人にオラつかれ泣き寝入りwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
一般人がヤクザを脅す…交通事故の示談で組の名前を出した途端ヤクザが劣勢に

’08年の暴対法施行、さらには’11年に暴排条例が全国で施行されて以降、
暴力団の居場所はどんどんと狭くなっている。
この情勢に応じて一般人がヤクザを脅すというかつてなら考えられないような事態が起きているようだ。

「ヤクザにぶつけちまった……」

ひと昔前なら顔面蒼白、この世の終わりといった事態だが、今は立場が逆転している。
某暴力団の二次団体に所属するA氏は、横断歩道を歩行中に信号無視で直進してきたカタギの車にはねられたが、
泣き寝入りする羽目になったという。





【どうなってんだよ】『ネット調査』の内閣支持率がテレビ・新聞の結果と全然違ってワロタwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
安倍内閣の支持率、藤井四段の最年少タイトル獲得なるかなど12問のネット世論調査を実施。
今回は7月20日21:18に実施しました。

Q1 いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。

支持する 51.7 %
支持しない 24.1 %
どちらとも言えない 24.1 %

Q2 いま、あなたが支持している政党はどこですか、あるいは支持する政党はありませんか。

自民党 42.9 %
民進党 1.3 %
公明党 1.6 %
共産党 2.5 %
日本維新の会 2.9 %
自由党 0.6 %
社民党 0.9 %
日本のこころ 2.3 %
その他の政党 1.3 %
支持政党はない 43.6 %

Q3 1年前と比べて、あなたの今の暮らし向きはどう変わったと感じますか。

ゆとりが出てきた 14.7 %
ゆとりがなくなってきた 28.2 %
どちらとも言えない 57.1 %

Q4 7月の新聞、テレビなどの世論調査で、安倍内閣の支持率が急落し、軒並み不支持率が支持率を大きく上回っています。
 特に、時事通信とテレビ朝日の調査では、支持率が「内閣の危険ライン」とされる30%を割り込みました。
 支持率急落の一番の原因は、次のうちどれだと考えますか。

政策に期待できない 12.5 %
首相に指導力がない 3.2 %
首相が信頼できない 16.1 %
閣僚の顔ぶれがよくない 17.2 %
自民党中心の政権だから 2.9 %
これまでの内閣の方がよい 2.7 %
その他 34.1 %
わからない 11.3 %

-以降は元記事を参照願います

ニコニコ動画
https://enquete.nicovideo.jp/result/91?from=box





【悲報】ネット「ヒアリは在来種がやっつけるから定着しない!(キリッ」→専門家に聞いた結果・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
外来種のアリ「ヒアリ」が各地で発見され、人的な被害や生態系への影響が懸念されています。
ヒアリの危険性が続々と報じられる中、ネット上では「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」とのウワサも流れています。

ヒアリはどのくらい危険な生物なのか、一般家庭ではどのような対策を講じるべきなのか、また在来種は本当にヒアリと戦ってくれるのか。
環境省に問い合わせたところ、アリの生態に関しては専門家でないためコメントできないとのこと。
そこで、アリの生態系に詳しい日本蟻類研究会所属の准教授に取材しました。

准教授はヒアリにかまれた時の危険性について「警戒はするべきですが、アナフィラキシーショックさえ起こさなければ、命を落とす危険性は少ない」とコメント。
しかし、アリ塚を踏んでしまうとそれをきっかけに襲ってくるケースがあるほか、子どもが誤ってさわってしまい襲われることもあり、その攻撃性の高さから油断は禁物としています。
また、かまれた時の痛みは強烈で「子どもであれば泣き叫んでしまうほど」だとか。

人的被害に注目しがちですが、それ以外にも従来の日本の生態系を破壊してしまう危険性も。
また、家畜への被害や植物の根にかみつくことによる植物への影響も懸念されているそうです。

写真:誤ってアリ塚を踏んだりしないように注意(東京都環境局より)
no title


ネット上で言われる「日本の在来種がヒアリと戦ってくれる」という話については
「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。
かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったそうです。

今後ヒアリが日本に定着する可能性については、「なんとも言えないが、気がつくと増えていたということはあり得る。
女王アリが次々見つかるようなことがあれば、その可能性はある」としました。

ヒアリの対策について、殺虫剤をまくことはある程度有効ですが、それも抜本的な問題解決につながらないとのこと。
現状、ヒアリの「弱点は無い」(准教授)そうです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/10/news133.html





いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ