芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

【どうなってんだよ】『ネット調査』の内閣支持率がテレビ・新聞の結果と全然違ってワロタwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
安倍内閣の支持率、藤井四段の最年少タイトル獲得なるかなど12問のネット世論調査を実施。
今回は7月20日21:18に実施しました。

Q1 いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。

支持する 51.7 %
支持しない 24.1 %
どちらとも言えない 24.1 %

Q2 いま、あなたが支持している政党はどこですか、あるいは支持する政党はありませんか。

自民党 42.9 %
民進党 1.3 %
公明党 1.6 %
共産党 2.5 %
日本維新の会 2.9 %
自由党 0.6 %
社民党 0.9 %
日本のこころ 2.3 %
その他の政党 1.3 %
支持政党はない 43.6 %

Q3 1年前と比べて、あなたの今の暮らし向きはどう変わったと感じますか。

ゆとりが出てきた 14.7 %
ゆとりがなくなってきた 28.2 %
どちらとも言えない 57.1 %

Q4 7月の新聞、テレビなどの世論調査で、安倍内閣の支持率が急落し、軒並み不支持率が支持率を大きく上回っています。
 特に、時事通信とテレビ朝日の調査では、支持率が「内閣の危険ライン」とされる30%を割り込みました。
 支持率急落の一番の原因は、次のうちどれだと考えますか。

政策に期待できない 12.5 %
首相に指導力がない 3.2 %
首相が信頼できない 16.1 %
閣僚の顔ぶれがよくない 17.2 %
自民党中心の政権だから 2.9 %
これまでの内閣の方がよい 2.7 %
その他 34.1 %
わからない 11.3 %

-以降は元記事を参照願います

ニコニコ動画
https://enquete.nicovideo.jp/result/91?from=box





【悲報】ネット「ヒアリは在来種がやっつけるから定着しない!(キリッ」→専門家に聞いた結果・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
外来種のアリ「ヒアリ」が各地で発見され、人的な被害や生態系への影響が懸念されています。
ヒアリの危険性が続々と報じられる中、ネット上では「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」とのウワサも流れています。

ヒアリはどのくらい危険な生物なのか、一般家庭ではどのような対策を講じるべきなのか、また在来種は本当にヒアリと戦ってくれるのか。
環境省に問い合わせたところ、アリの生態に関しては専門家でないためコメントできないとのこと。
そこで、アリの生態系に詳しい日本蟻類研究会所属の准教授に取材しました。

准教授はヒアリにかまれた時の危険性について「警戒はするべきですが、アナフィラキシーショックさえ起こさなければ、命を落とす危険性は少ない」とコメント。
しかし、アリ塚を踏んでしまうとそれをきっかけに襲ってくるケースがあるほか、子どもが誤ってさわってしまい襲われることもあり、その攻撃性の高さから油断は禁物としています。
また、かまれた時の痛みは強烈で「子どもであれば泣き叫んでしまうほど」だとか。

人的被害に注目しがちですが、それ以外にも従来の日本の生態系を破壊してしまう危険性も。
また、家畜への被害や植物の根にかみつくことによる植物への影響も懸念されているそうです。

写真:誤ってアリ塚を踏んだりしないように注意(東京都環境局より)
no title


ネット上で言われる「日本の在来種がヒアリと戦ってくれる」という話については
「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。
かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったそうです。

今後ヒアリが日本に定着する可能性については、「なんとも言えないが、気がつくと増えていたということはあり得る。
女王アリが次々見つかるようなことがあれば、その可能性はある」としました。

ヒアリの対策について、殺虫剤をまくことはある程度有効ですが、それも抜本的な問題解決につながらないとのこと。
現状、ヒアリの「弱点は無い」(准教授)そうです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/10/news133.html





「核爆発にも耐えられる米軍航空機」が2機も損傷した理由がこちら・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
「空飛ぶ司令部」 米軍のE4B、竜巻で2機損傷

【AFP=時事】米空軍は23日、核爆発の電磁パルスや熱に耐えられるよう特別に強化された空中指揮機E4B2機が、竜巻で損傷したと発表した。

 E4Bは冷戦(Cold War)時代の1970年代に製造されたボーイング(Boeing)747型機を改造した航空機。
 空中給油も可能な「空飛ぶ司令部」で、危機の際には何日も上空にとどまっていることができる。
 米国防長官の外遊に使われることもある。

 米空軍は現在E4Bを4機保有しているが、このうちの2機が16日、突発的に発生した竜巻によってネブラスカ(Nebraska)州のオファット空軍基地(Offutt Air Force Base)で損傷を受けた。
 この他にRC135偵察機も7機が軽度の損傷を受け、別の1機は検査が必要になった。

AFPBB News 2017年6月24日 13時31分
http://news.livedoor.com/article/detail/13246664/





【動画】中国・上海でタクシーに乗った結果がガチでヤバいwwwwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】
ホテルが呼んでくれた空港までのタクシーが怖すぎた… マリカーの如きスピードとハンドルさばき 2017.6.12
https://www.youtube.com/watch?v=7OUlAjaL3lI



上海のタクシーは年々良くなってると聞いてましたが昔ながらの運ちゃんだったみたいです
値段はびっくりするぐらい良心的だったw


関連ニュース
又吉直樹が上海で講演会「文学とお笑いは国境を超える」―中国
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170614/Recordchina_20170614038.html
2017年6月14日





【怖い】イージス艦から転落した男、1週間後に艦内で発見 どう過ごしていたかは謎・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とするイージス巡洋艦シャイローから海に転落し行方不明になったとしていた男性乗組員について、
米海軍は16日までに、艦内で生存した状態で見つかったと発表した。転落したとされた8日から1週間後の15日に発見。米メディアで驚きを持って報じられている。

 米海軍は、乗組員を医療検査のために原子力空母ロナルド・レーガンに移送。容体や発見の詳しい状況などは明らかにしていない。
一部の米メディアは乗組員がどう1週間過ごしていたのかは謎のままだと伝えている。

 乗組員は日本時間8日午後9時半ごろ、沖縄の約290キロ東を航行中に船外に転落したとみられていた。原子力空母R・レーガンや海上自衛隊の
護衛艦あしがら、海上保安庁の巡視船などが50時間以上にわたり、約1万4000平方キロの範囲を捜したが見つからず、11日に捜索を打ち切った。

http://www.sanspo.com/geino/news/20170616/sot17061621060005-n1.html





【驚愕】まんこのバスト、過半数がDカップ以上だったことが判明した結果wwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加
女性のバスト、過半数がDカップ以上、Eカップも3倍に トリンプ調査

https://www.j-cast.com/trend/2017/06/13300472.html

11. 匿名 2017/06/13(火) 17:56:29 [通報]

ほほう、では私は希少種ですか(怒り

+653
-5

19. 匿名 2017/06/13(火) 17:57:06 [通報]

>>1嘘に決まってんでしょ。絶対にウソ。

+207
-19

24. 匿名 2017/06/13(火) 17:57:47 [通報]

あー確かに 
友人も姉も妹もD~Fあるわ 




じゃ何で私はBなんだ?

+267
-5

http://girlschannel.net/topics/1220703/





【悲報】 九 州 、 ヤ バ い (画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
宮崎市田吉の海岸で9日から10日にかけて、小型クジラ「ユメゴンドウ」計7頭が打ち上げられているのが見つかった。
一部は生きていたが、10日には全て死んだことが確認された。11日朝からは宮崎大の研究者らが、打ち上げられた原因などを調べるため調査を始めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000038-asahi-soci





【悲報】地球さん、実は球体じゃなくて正方形だった・・・(※画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
球体だと思ってた奴wwwwww
no title





【必見】『120年周期』で咲く花が開花!前回の開花記録は明治時代!!(画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
 約120年周期とされてきた竹の一種「ハチク(淡竹)」の開花が各地で相次いで確認されている。

 これまで明治末期に開花したとの記録が残るだけで、開花は今後、全国に広がる可能性がある。専門家は「謎が多かった生態を解明する好機」と期待する一方、開花後に竹自体が枯れて土砂崩れを引き起こす恐れも指摘している。

 静岡県南伊豆町でタケノコを生産している山本剛ごうさん(76)と長男哲農てつのうさん(39)は3月、ハチクの竹林約30平方メートルが緑色から茶色に変わっているのを見つけた。最初は病気だと思ったが、枝先に稲穂のようなふくらみがたくさんあり、雄しべが伸びていた。今月に入ってもまだ花が咲いており、山本さんは「40年前から栽培しているが、花を見るのは初めて」と驚く。

(続きは会員登録で読めます)

2017年06月03日 15時22分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170603-OYT1T50068.html?from=ycont_top_txt

画像
no title

no title





【えぇ…】専門家「日本の迎撃ミサイルは当たるはずがないwww」←これ
このエントリーをはてなブックマークに追加
防衛問題に詳しい作家の濱野成秋氏が日本の迎撃ミサイルについて語った
「ミサイルが来るとなって迎撃ミサイルを慌てて発射しても遅すぎる」と指摘
大気圏内で撃ち落とすパトリオットミサイルは性能が悪いことで有名という
3週連続でミサイル発射の北朝鮮 日本「迎撃システム」の問題点とは

2017年5月30日 17時0分 東スポWeb
 北朝鮮が3週連続となる弾道ミサイル発射を29日、強行した。「連発的措置」(朝鮮労働党機関紙、労働新聞)でミサイル能力を誇示し、
米国の対応変化を迫る構えとみられ、今後も発射を続けるとの観測が出ている。
3週連続は異例の頻度で、朝鮮半島周辺で緊張状態を持続させ、米国や日韓を揺さぶろうとの思惑がうかがえる。

 日本には迎撃ミサイルとして、イージス艦から発射し大気圏外で撃ち落とす「SM3」と、
地上から発射し大気圏内で撃ち落とすパトリオットミサイル「PAC3」がある。日本は北朝鮮のミサイルを迎撃できるのか。

 防衛問題に詳しい警鐘作家の濱野成秋氏は「いざミサイルが来るとなって迎撃ミサイルを慌てて発射しても遅すぎる。
着弾直前のコースを自衛隊用語では『ターミナル・フェーズ』と呼ぶが、その落下速度は時速3000キロだから、
発射直後の迎撃ミサイルが時速500キロ程度でヒョロヒョロ上がっても当たるはずがない」と指摘する。

日本の迎撃ミサイルに専門家が指摘「当たるはずがない」
http://news.livedoor.com/article/detail/13133492/





いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ