芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン

【炎上】仙台育英の”足蹴り”、ネットは『わざと派』が多数「日本文理戦でもやった」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
夏の甲子園(全国高校野球選手権)3回戦で仙台育英の選手が一塁を駆け抜けた際、「大阪桐蔭の一塁手の足を蹴ったのではないか」と物議を醸した場面が、試合から2日経っても波紋を広げている。

 ツイッター上では、2回戦の日本文理戦でも同じ選手が一塁手の足を蹴ったのではないかと指摘があがり、その場面の動画が拡散された。

■「たまたまなら仕方ないけど...」

 2017年8月19日の仙台育英と大阪桐蔭による3回戦、0-0で迎えた7回ウラ2死の場面で、打席に立った仙台育英の捕手は遊ゴロを打つと、一塁を駆け抜けた。この際、塁を右足で踏み、左足が大阪桐蔭の一塁手に直撃した。アウトになったが一塁手は倒れ込み、チームメイトに肩を支えられながらベンチへ引き上げた。試合後は車いすに乗って球場をあとにしたという。このけがもあってか、ツイッターやインターネット掲示板上ではこの走塁をめぐって非難と擁護の声が飛び交った。

  「完全にわざとやってるな」
  「たまたまなら仕方ないけど、普通に走ってこんな当たり方するかな」
  「セーフになろうと全力疾走してベースを踏もうとすればあんな動きになると思う」
  「プレー中に相手を怪我させようとするプレイヤーなんてそうそういるものではありません」

 すると、9回ウラにはまさかの「ミス」が起きた。2死1、2塁、大阪桐蔭が1-0とリードで迎えた場面で、遊ゴロを送球された大阪桐蔭の一塁手は、塁を踏まずに捕球した。タイミングはアウトに見えたため大阪桐蔭ナインはベンチに戻りかけたが、一塁手がベースを踏むのが遅れて打者がセーフ。勝利が一転、結局サヨナラ打を浴びて1-2で敗北した。けがをした一塁手は、けがをした時の走塁との関連を問われて、「関係ありません」などとスポーツ紙に語ったが、ツイッターでは「仙台育英が大阪桐蔭のファーストの足を蹴ったのが完全に伏線になってる負け方やん...」と、7回ウラの走塁と関連づける投稿も複数見られた。


2回戦の日本文理戦にも波及

 バッシングは、仙台育英の2回戦・日本文理戦でも同様の場面があったなどとして拡大した。6回ウラ2死3塁の仙台育英の攻撃、打者は前述と同じ捕手。二ゴロの一塁送球がそれて、一塁手が体を地面に投げ出して捕球したところ、同捕手の右足が一塁手の足に当たったように見えた。3アウトでチェンジになり、一塁手にもケガはなかったようだが、「日本文理戦での疑惑の足蹴り」などと言われて大阪桐蔭戦後に拡散された。

 さらには、仙台育英を労うツイートに対して「ナイスキックと●●(編注:実際は同捕手名)くんに伝えてください」などと誹謗するリプライも寄せられている。

 大阪桐蔭戦7回ウラの走塁について、20日の日刊スポーツによると、仙台育英の同捕手は「必死にセーフになろうと思って走り、体のバランスを崩して足が当たってしまった。決して故意ではありません」と述べている。

 しかし、同捕手は20日の準々決勝の広陵戦で先発を外された。仙台育英は4-10で敗れて夏を終えた。21日のスポーツ報知によると、仙台育英の佐々木順一朗監督は欠場理由について明言を避けつつ「彼を守るために戦った」としている。

 21日になってもネット上では大阪桐蔭戦の走塁をめぐって「蹴り入れてる時の脚の使い方」「ベースの踏むのに全力疾走して接触したよーにしか見えない」といった投稿が続いている。また、「大阪桐蔭も仙台育英もこんな終わりかたは気持ちよくないだろ」と嫌気を感じる向きも少なくない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000008-jct-ent&p=2





【炎上】仙台育英の”足蹴り”「わざとじゃない」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
第99回全国高校野球選手権第12日(20日、甲子園)、
前日(19日)の大阪桐蔭(大阪)戦で走塁中に相手一塁手の足を蹴ってしまった仙台育英(宮城)の渡部夏史捕手(3年)が、
準々決勝・広陵戦(広島)のスタメンを外れた。
前夜、佐々木監督から言い渡されたといい、代わりに尾崎(3年)が先発マスクをかぶった。

理由について渡部は「監督から『大阪桐蔭に勝ったことで、本気で(優勝を)狙いにいける。
準決、決勝と連戦になる』と言われたので。桐蔭からも(優勝を)『頼む』と言われた」と休養のためであることを強調した。

7回に足を蹴ってしまった後、9回二死から大阪桐蔭の一塁手の足がベースを踏んでいなかったことで試合終了とならず、
直後に仙台育英がサヨナラ勝ちを決めた。

それだけに渡部の“足蹴り”はネットで炎上。

SNSを持っていたが「監督から『危ないからちょっとやめろ』と言われました」と閉鎖。
蹴った状況について聞かれると「それについてはあんまり…」と口を閉ざした。

仙台育英のムードメーカーで佐藤世那投手(現オリックス)の弟・佐藤令央(3年)は
「いろいろ騒ぎになってるらしいですけど、渡部も一生懸命にプレーした上でああなったわけで、別にわざとやったわけではないんで。

いろいろ書きたがる人はいるかもしれないけど、高校野球ではこういうことはあり得ることなので渡部を責めることはおかしい。
渡部は落ち込んでいる感じがあるので元気にさせて、チームのみんなで守っていこうと話している」という。

スタメンを外れたことについて渡部は「出たい気持ちはあるが、監督を信じています。
信じたからこそ昨日みたいな試合ができたので」と気丈に語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000006-tospoweb-base

動画
http://i.imgur.com/zIC7BbS.gif
http://i.imgur.com/8AN41Lr.gif

関連スレ
【高校野球】3回戦 仙台育英2-1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く★16©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503208585/





【悲報】大阪桐蔭の負け方が後味悪すぎると話題に…
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
▼3回戦 2017/08/19(土) 大阪桐蔭(大阪)-仙台育英(宮城)

大阪桐蔭 0 0 0 0 0 0 0 1 0 |1
仙台育英 0 0 0 0 0 0 0 0 2X|2

【投手】
(大)柿木-福井
(仙)長谷川-渡部

【本塁打】
(大)
(仙)

http://www.sanspo.com/high-baseball/koshien99/score/kekka170819_4.html



8/19(土) 18:41配信

<全国高校野球選手権:仙台育英2-1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦

 仙台育英(宮城)が逆転サヨナラで春夏連覇を狙った大阪桐蔭を破り、準優勝した15年以来2年ぶりに8強入りした。

 仙台育英はエースでここまで2戦15イニング無失点の左腕・長谷川拓帆投手(3年)が先発。大阪桐蔭は初戦で救援し2回0封だった柿木が先発し、引き締まった投手戦になった。

 4回、大阪桐蔭は無死二塁のチャンスをつくったが、仙台育英・長谷川が4番根尾昴外野手(2年)からの3人をすべて二ゴロに打ち取り得点に至らず。5回、仙台育英も1死二塁と攻めたが、長谷川を三振に斬るなど大阪桐蔭・柿木が踏ん張った。

 8回、ついに試合が動く。大阪桐蔭の2番、山本ダンテ武蔵外野手(3年)が1死から二塁打。続く3番の中川卓也内野手(2年)の左前打で先制した。長谷川は今大会23イニング目で初失点となった。

 その裏、仙台育英は2死から2四死球で一、二塁と攻める。鈴木の左前打で二塁から長谷川がホームを狙ったが、大阪桐蔭は左翼山本の好返球で同点を許さなかった。

 仙台育英は9回も2死から杉山が安打と盗塁、さらに死球と失策で2死満塁と攻め、若山が試合を決めた。

 20日の準々決勝では、3回戦で聖光学院(福島)を破った広陵(広島)と対戦する。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874639-nksports-base





大阪桐蔭のファースト・中川くんのコメントがこちら・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
<全国高校野球選手権:仙台育英2-1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦

史上初の2度目の甲子園春夏連覇を目指した大阪桐蔭が、サヨナラ負けで姿を消した。

終盤までともに無得点。大阪桐蔭・柿木蓮(かきぎ・れん=2年)仙台育英・長谷川拓帆(3年)と
両先発による投手戦が続いたが、8回1死二塁で中川卓也内野手(2年)が適時打を放ち、
大阪桐蔭が1点を先制した。

だが9回2死から安打と二盗、四球で一、二塁とされ、ピンチを背負った。相手7番の打球は
遊ゴロでゲームセットに見えた。スタンドから大歓声がわき起こったが、一塁への送球が
少しそれ、一塁手の中川がベースを踏むタイミングが遅れたように見えて判定はセーフに。
2死満塁となり、柿木は馬目郁也(3年)にサヨナラ打を浴びた。

試合後の中川は「ベースを見ずに入って、またいでしまった。でもベースは踏みました。
ただあと1アウトからあせってしまったことと実力不足で、試合を落としてしまった。
3年生に申し訳ないです」と懸命に声を絞り出した。

中川は7回の守備で打者走者の渡部夏史(3年)と接触し、右ふくらはぎを痛めていた。
「(足は)痛いです。でも(9回の守備とは)関係ないです」と気丈に答えたが、取材終了後は
大会本部が用意した車いすに乗り、チームより先に甲子園をあとにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874684-nksports-base





【凄いw】高校野球で”聖戦”勃発wwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
第99回全国高校野球選手権大会第8日は16日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、
第4試合では戦後最多11年連続出場の聖光学院(福島)と12年ぶり出場で甲子園初勝利を挙げた聖心ウルスラ学園(宮崎)が対戦。
宿舎が同じで校名に「聖」が入るなど類似点も多い両校の対決でも注目を集めた1戦は、
3―3の同点から連続暴投で勝ち越した聖光学園が5―4で勝利を収め、3回戦進出を決めた。

ともにキリスト教系の学校で校名に「聖」の字が入り、ユニホームの胸部分も漢字で「聖光」と「聖心」、宿舎も一緒という“聖戦”。
先手を取ったのは先攻の聖心ウルスラ学園だった。2回、1死一塁から柳田の左中間二塁打で1点を先制。
さらに2年生エースで9番打者の戸郷が右前へ2点適時打を放ってリードを3点に広げた。

だが、聖光学院は3回、1死二、三塁から瀬川の左翼線二塁打で2点を返すと、4回には2死三塁から矢吹の中前打で同点。
そして3―3で迎えた5回、先頭・松本が左前打で出塁するとすかさず二塁盗塁に成功し、
相手先発・戸郷のこの試合2、3個目となる連続暴投で三塁進塁、本塁生還を果たして決勝点。8回にも2死三塁から相手の捕逸で1点を加えた。

聖心ウルスラ学園は3―5で迎えた9回、5番・請関が右翼スタンドへソロ本塁打を放って1点差に迫ったが、及ばなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000129-spnannex-base
8/16(水) 17:50配信

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2017/score/2017081604.html
試合スコア





【画像あり】甲子園で映った愛知のチアwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title





【画像】ダルビッシュの嫁の脚がガチでヤバいwwwwwwwwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title





藤田菜七子ジョッキー、完全に男の味を知った女の顔になるwwwww(※画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title

no title

no title

no title





【勝利の女神】ぐうかわJC、2日連続でとんでもない試合を見てしまうwww(画像あり)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
no title


翌日

no title





【悲報】上西小百合議員「くたばれレッズ!」
このエントリーをはてなブックマークに追加

1:
上西小百合議員が炎上中のTwitterで暴言「くたばれレッズ!」

 衆院議員の上西小百合氏(34=無所属)が22日、自身のツイッターを更新。「くたばれレッズ!」と暴言を吐いた。

 上西議員は15日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1の浦和とドイツの強豪ドルトムントの国際親善試合で浦和が2―3と逆転負けを喫した後に
「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたことをきっかけに、浦和サポーターを中心とするサッカーファンから非難を受けてツイッターが炎上。

 その一方で、浦和サポーターとの直接対話をクラブに要求。20日のツイッターでは「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。
私との面会を辞退するとの事でした。理由は”わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。
勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」と申し入れが断られたことを明かし、
「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。
会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」と挑発的なつぶやきを行っていた。

 こうした流れを受け、大阪事務所にはこの日「浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけ」来たそうで、「たまたまテレビ取材中だったのて、何人かいたので帰らせる事ができましたが、
正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と上西氏。週刊誌から浦和の試合観戦を企画としてもちかけられ断っていたが
「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」とし、さらに「くたばれレッズ!」と続けた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13372054/





いまツイートされてる記事
いまブックマークされてる記事
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ