芸能/テレビアニメ/漫画生活ネット/IT料理/食べ物学校/教育ニュース音楽宇宙TwitterRSS
ブラブラヘッドライン
古代の謎について語ろうぜ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:08:04.49 ID:Kzzy83aO0
未解読文字とか魅力感じる



6 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:25:30.85 ID:GFybXGAw0
超古代文明!



7 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:27:24.78 ID:HqjyOvGUO
古代核戦争とは…!!??





8 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:29:44.73 ID:nfJ8MivP0
水晶の髑髏って結局どうやって造ったんだろうね



23 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:50:25.04 ID:KGCIxG+R0
>>8
水晶ドクロは以下の二点で少なくともオーパーツではないって言われてるお

1、電子顕微鏡だかなんだかで調べたらダイヤモンド研磨剤に酷似した傷が見つかってる

2、人間が彫ったら300年かかるって言われてるけどやってみたら半年でできたって実験がある

あの手の研究をしてる学者は世間が狭いこと多し。(今はだいぶ緩和されてるが)
東大主席で医学の権威だけどカンナで木を削れるのを知らなかったなんて人もいる。
いい悪いじゃなくてそんなもん。オーパーツたる理由がどういった客観概念で主張されてるのかを
よくみないとイケン。嵐かTOKIOかなんかの番組にもあったっしょ。各分野の専門家が主張したけど
やってみたら違ってたってこと。




11 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:33:45.26 ID:D71kg1HtO
古代モヘンジョダロでは核戦争があったのだ!
その証拠に焼き付いた影!
高熱で溶けて玉になったガラスが散らばっているのだぁぁぁ!




17 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:42:05.16 ID:zYndr/0a0
ヴォイニッチがただの古代人の中二病黒歴史ノートだったらウケるんだがなぁw

個人的にはロンゴロンゴ文字が気になる




376 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:21:58.79 ID:xB9/U1CW0
>>17
全く同じ発想をした




19 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:45:08.38 ID:aRKiMZJQ0
解明できる日まで絶対俺生きてないだろうなぁ
それが本当に残念




21 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:49:03.55 ID:GFybXGAw0
モアイコワイ



24 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 21:52:49.81 ID:Kil+AoUe0
聖徳太子の地球儀ってどうよ



27 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:00:04.03 ID:tA3UzG9J0
>>24
アレはただたんに収められたのが聖徳太子の時代より後じゃないかとか聞いた




31 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:08:45.62 ID:qMjGYPca0
そういえば昔の彫刻に恐竜が掘られてたってのあったな



51 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:34:31.08 ID:Kil+AoUe0
>>31
恐竜が彫られた石って南米のどこかの原住民がみつけたんだよな
んで偉い博士的な人が調査に来たけど荒らされるの怖くて封鎖
博士は国にスポンサーになって欲しかったけど「封鎖しててわけもわからん物に金だせるか!」で終了
博士は石を原住民から買い取ってたけど、お金欲しさに捏造する住民続出
博士「あばばばばばば」→オワタ
でも集められた石の中に明らかに古代の物もあって・・・




49 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:29:21.32 ID:8pYlFqbm0
>>31
カブレラストーンだっけ?




35 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:16:23.83 ID:9dH2MZwU0
水晶ドクロってドイツのメーカー特定されてなかったっけ?



36 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:17:21.59 ID:tA3UzG9J0
恐竜の土偶



39 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:22:04.08 ID:Kil+AoUe0
>>36
あれは捏造じゃなかったけ?
分析したら近代になってからのものだったうんぬん




42 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 22:25:33.22 ID:2Y49zYHl0
別にオーパーツ呼ばわりする気はないけど
始皇帝墓からクロムめっきの剣が出土してたっけ




88 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:31:51.24 ID:nhUQ/cBfO
>>42
それ多分始皇帝じゃなくて越王勾践の剣
始皇帝陵はまだ発掘されてないはず(兵馬俑とか陵の周辺施設の一部は発掘されてるけど)

中国っつうとすぐ捏造捏造言う奴もいるが、あの国の歴史と文化のヤバさは本物だろ




63 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:02:17.81 ID:CcEjbZMD0
日本には古代シュメール(バビロニア)の失われた十氏族が来ていた
いわゆる「出雲系」、つまり天皇家のうちスサノオの系列
大海人の王子や平家・源氏なんかがそうだな




67 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:05:36.52 ID:wh8D7/qK0
石垣
←インカ人作、→スペイン人作
20100711-043231_




69 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:08:19.38 ID:Bu8aROm6O
ピラミッド内部の隠し通路にあった鉄のハンドルがついている隠し扉はなぜ調査されないのか



74 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:11:46.20 ID:XpS5fRCQ0
アメリカのサンダーバードとかいうプテラノドンと一緒に写ってる写真って裏は取れたの?



77 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:14:14.06 ID:tA3UzG9J0
>>74
あの写真が取られたとする時にああいった紙にプリントする銀塩写真が無かったとか何とからしい




75 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:13:05.73 ID:fm0E+gsbO
恐竜のウンコの化石に人間の足跡も一緒にあるやつとか発見されてなかったっけ



81 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:18:09.44 ID:2LQyk6hh0
神代文字に興味津々です



87 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:30:19.62 ID:CcEjbZMD0
平家はペルシア人が祖先である



91 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:34:40.00 ID:fIsBPycFO
ナスカの地上絵が好き
特に滑走路みたいな巨大な図形




99 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:59:18.89 ID:ABOACg7J0
UMAも入るのこのスレに



100 :VIPがお送りします:2010/07/07(水) 23:59:44.91 ID:e3sd2zsg0
5000年前のシュメールの遺跡から見つかった天文学関係の文字はすごい。
惑星の周期などほぼ正確な数字が記されているそうだ。
最近やっと最先端科学で見つけられたのに5000年も前にもう判明して
たなんて・・




102 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:01:19.44 ID:XEh3Rw200
>>100
必要は発明の母だよ。
あと、記録できる立場にあるかどうかの問題。
記録しても再任されないと忘れ去られる。
意外と今の時代に必要な技術が古代に廃れてる可能性はある。




105 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:02:47.64 ID:9QGpR+Pc0
>>102
そもそも古代ローマの建造物が残って機能してる時点で、
古代の技術は、思うほどに低くは無いんだよな




113 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:08:13.82 ID:wR1m+A3a0
日本の古代の木造建築の技術は今とは段違いだったらしいな
かつては100mの高さの五重塔がたくさんあったとかいう




114 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:08:56.65 ID:SBREmaoL0
>>113
出雲大社思い出した




115 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:09:22.88 ID:GB39EcCg0
出雲大社の昔の図とかワクワクするよな



127 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:17:14.39 ID:SBREmaoL0
古代の技術って確かにすごいものもある
ただそれをどのように会得したのか気になる
外部(宇宙とか)から伝わったものがあるんじゃないか?とかね




133 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:20:27.16 ID:/EVcHZnM0
>>127
古代技術の宇宙発祥説とか、古代人の試行錯誤をなめんなって言いたい




128 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:18:00.02 ID:86I1NNtDO
アトランチスは本当にあったんだー!
って言いたい




130 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:19:38.07 ID:NehvYxbtP
宗教建築だとインドはマジですごいと思う、
大昔のはもちろんの事、数年前にも超精密かつ巨大な寺院を作ってたし。




134 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:20:41.63 ID:VVDu+Wsw0
オーパーツでPCの部品とかなかったか?

なんて名前なのかは知らないが

知ってる奴いる?




143 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:25:34.68 ID:TBVzfQVI0
>>134
点火プラグならコソ化合物だったかだけど
アレはかなり無茶苦茶な敬意で最初に発見された時の話とは全然違う話になってるらしい




137 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:23:05.64 ID:TBVzfQVI0
あの古代の錆びた歯車の機械何なんだろうね



187 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:48:55.54 ID:3Fuc1OIq0
昔何かの本で読んだが、エベレストの頂でヒョウが氷付けになって発見されたらしい
なぜそんな所にヒョウがいるのか。なぜ腹をめちゃくちゃすかせてまでエベレストを登りきったのか
まったく意味が分からんよな けどなんかロマン感じる




140 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:23:57.88 ID:iyX+B7im0
オーパーツとかの話になると古代の宇宙飛行士とかマジであったんかね



154 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:33:28.32 ID:9Jl6louz0
>>140
「パレンケの宇宙船」のこと?
アレも多分、解ってるヤツが意図して捏造した可能性が高いよ。
なんでかっていうと宇宙船に見える画像の先っちょがかならず切れてるから。
全部を写した図を縦にすると墓標の上に聖なる鳥が止まってたりトウモロコシが
書いてあったりがわかる。「あれは宇宙船だ」と主張する画像はほぼみんなそこを
意図的にカットした画像を上げてる。(なんで全体を示さないの?)
お尻の先のエンジンに見える部分もなんとかっていう死の世界の神様の顔。
(他の出土品とかで同じ顔の神様が沢山書かれている)




166 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:40:35.00 ID:iyX+B7im0
>>154
まじかー
エジプトの電球とかもそんな感じなのかねー




171 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:42:47.86 ID:EO2DgTu+0
>>166
でもピラミッドの内部は火を炊いたススの跡が全くないから
電球使ってたっぽいけど




181 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:46:09.20 ID:YCYFcbKVO
ピラミッドは建造過程で内部に人が入る必要なかったから煤の後なくて当然という説あるぞ



192 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:50:34.91 ID:EO2DgTu+0
>>181
マジかどうやって作ったんだよーーー




206 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:00:05.35 ID:YCYFcbKVO
>>192
簡単に言うと下から石積んでく途中、空間にしたい部分には隙間空けて積んだってだけ。
それなら中に入らなくていいし。そもそもピラミッドは中に人間が入るためのものじゃないって早稲田の吉村さんとかは主張してるな。

ただ、ピラミッドではなく天井にまで装飾壁画のある墳墓等、建築の完成後人が内部へ入っただろう建築物に煤の跡がない!ってことなら話は別。




149 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:29:09.62 ID:NqMc6qQVO
日本の神話でイザナギとイザナミっているじゃん。日本を作った男女の神様
あれって確かイザナギとイザナミ以外にも男女の神様のカップルが3組、現われてるんだよ。イザナギ達と同時に
他の神様達も別の国を作ったのかなとか考えると何だかわくわくするんだが




155 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:33:45.85 ID:cL9MMbAI0
>>149
タケミヅチ、フツノカミ、タテハヅチなんてどうですか?




151 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:32:37.04 ID:XM/IbvGW0
青森の近くの海底に沈んだ亀信仰文明?も古代の謎なのかな?



152 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:32:41.84 ID:NehvYxbtP
古代の都市がどういう景観だったのかとかすげえ気になるんだよな。
モヘンジョダロとかシーギリヤの王宮とかまさか今みたいな感じではないだろうし。




159 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:36:22.91 ID:3Fuc1OIq0
トロイの木馬って本当にあったのかな?
ただのギリシャ神話かと思ってたらロゼッタストーンにそのことが書いてあったんだよね?




160 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:37:42.28 ID:hlc5C1kk0
>>159
あったらしいが、今伝わってる話は脚色が多いと思う。




161 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:38:09.87 ID:EO2DgTu+0
>>159
シューリマンが発掘してたじゃん
って遺跡だけかな?




169 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:41:18.83 ID:NqMc6qQVO
天変地異とか核戦争とかで文明がリセットされて、何千年後とかになって現代のSFものの漫画とか映画が発掘されて、未来の俺たちが「やべえ、昔こんな恐ろしい出来事が起こったんだ」とか言ってるのを想像すると笑える



172 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:43:34.32 ID:TBVzfQVI0
>>169
人外の美少女フィギュアが発掘された日にはどうなるんだろうな




176 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:44:51.39 ID:HaXVzLsXO
>>172
まさか、埴輪や土偶って……




198 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:56:55.58 ID:9Jl6louz0
江戸時代の浮世絵。うらなり顔で目や口極細。いままでは「江戸時代はああいうのが美人だった。
美的センスの変化」というだけで片付けられてた。でも実際は少ないけど写実的なのも
見つかってて、ソレ見ると決してあれが美人の条件じゃないんじゃないか?っての。
つまり
浮世絵とかのあの顔は、今でいう「萌え絵」だったんじゃないかw
俺達だって萌え絵を「忠実に」再現した立体見たらバケモノと思うっしょw
3Dの美人はちゅんとあって、それはそれ。
絵ではそれを美人だ可愛いと感じる特別なものだったという話。(ウソかホントかは知らんw)




175 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:44:39.58 ID:CqD5vFej0
南米から縄文土器が出たのって結局あれ何だったの
確か少し跡に他の学者に否定されてたが




194 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:54:16.35 ID:/b+WCrOZ0
>>175
似たような例で、北米のさるネイティブアメリカン関連の遺跡から
グレコ・ローマン調の人物を象った云々っていう粘土製の図像が発見されたことがあったな
オーパーツ扱いで、古代カルタゴ人が持ち込んだとかトンデモ話があったような




178 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:45:44.92 ID:ZjOZjo9lO
ピラミッドは鏡を使って太陽光を反射させて内部まで光を送っていたとか



179 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:46:00.79 ID:5c2PlY410
捏造の可能性があるが、三葉虫をサンダルで踏んだ跡とか
今でも作る事が出来ない純度の金づちとか見つかってるな。

そういえば最近、古代じゃないしどこか忘れたけど遺跡から
明らかに腕時計を模した物体が出土したそうだな。




188 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:49:05.31 ID:SBREmaoL0
>>179
腕時計型の指輪ってやつか?
たしかスイス製って彫られてたらしいが・・・




180 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:46:06.63 ID:/VHkm2dg0
マヤの金星カレンダーとかもは、なぜ作ったのか考えるとワクワクしてくるよね
5000年以上前に20進法を使いこなし、ほぼ正確な天体周期を計算し、建造技術もエジプトのピラミッドを越える
そして突然歴史から姿を消す
そのマヤ文明が2011年に何やら臭い予言を残してる
マヤぱねぇ




197 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:56:22.14 ID:y9taG6UJ0
オーパーツの大半は勘違いとロストテクノロジーで説明できるらしいな

ロストテクノロジーなんていうと大袈裟だけど、案外多いもんだし。今現在も職人芸が
ロストテクノロジーになっていってるしな




199 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:57:19.16 ID:EO2DgTu+0
>>197
日本刀とかダマスカスソードとか
木造建築とかね




205 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:59:33.05 ID:y9taG6UJ0
>>199
面白いところでは、戦艦の大砲なんかもロストテクノロジーなんだそうだ。
全て職人芸で作られてタらしく、今から再現しようとしても数十年はかかるんだと




200 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:58:04.67 ID:3Fuc1OIq0
てかモアイ像って突然消えた文明の遺物なんだな
んでその文明が使ってた文字がロンゴロンゴ文字か
いまだ解読不能と。
なんでその文明が突然消えたのか、まじで不思議だ




212 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:02:11.86 ID:EO2DgTu+0
>>200
狭い無人島でする事なくて競って立ててたみたい
で、木を切りすぎて島がやつれ、モアイ作ってた民族が衰退していった




252 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:21:23.84 ID:yRFouvnq0
最近ピラミッドの作り方で有力な新説が出来た
ピラミッドの石は石切り場から切って持ってきたんじゃなく、
古代セメントなる物で現地で固めて作られたって説
ちなみに石切り場だとされてる場所の地質は加工しにくくボロボロ崩れる岩だが
そこの石を砕いて粉にして答辞使われていたミイラの防腐剤他と混ぜてセメントにして石を作ると
ピラミッドの石とほぼ同じ組成になったらしい(成分比率の微妙な違いだけだった)




202 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:58:29.94 ID:ybZz+KWH0
ラーマーヤナの核戦争説みたいのも好きだわモヘンジョダロとかの似てるとこも面白い



211 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:02:06.85 ID:yrxfnGokO
>>202
記述だけみると、まんまSFだよな
UFOらしき飛行物体から発射されるミサイルやらビームとか




220 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:06:45.61 ID:ybZz+KWH0
>>211
飛行戦車とか空挺も出るしな神々の兵器ぱねえっす




203 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:58:33.95 ID:SBREmaoL0
ピラミッドが作られた理由ってなんなんだろう



225 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:08:56.03 ID:9Jl6louz0
>>203
公共事業って説は意外と強いらしいよ。クフ王のがやたら取り上げられるけど
その何代も前、後にも作られてる。
最初は日本の古墳レベルの王の墓だったけど代々継続。だんだん巨大化。(国力も増大)
途中から本来の目的以上に(失われたわけじゃない)それで国が周るって経済効果に。
でも国が衰退するとだんだん簡略化&やっつけ。
末期では意図的に破壊されている部分も少なくないとか。(クフクラスは見た瞬間壊すのやめたのではw)
経済の観点で見るとクフ王時代はとても近代的な流通経済でウハウハ。
その後は宗教が強くなって閉鎖的な倹約経済。なので衰退・・・
ってオソミ汁が言ってたような




209 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:00:49.08 ID:ekx7g5BE0
ピラミッドって3つあるだろ
大きいのが2つ、小さいのが1つ
あれ、オリオン座の真ん中の3連星の配置と、光の強さと一致してるんだぜ




217 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:05:24.65 ID:SBREmaoL0
>>209
星と関係してるってことはやっぱり天文学に関係あるのかな?
それかその地域を宇宙に見立てたとか?




223 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:08:13.89 ID:ekx7g5BE0
>>217
昔の人って夜空好きだったしな
もし、ピラミッドがある地域を宇宙に見立ててるなら、
オリオン座の四隅の星の位置に相当する場所に何かあってもおかしくないな




219 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:06:43.30 ID:qg96wbmc0
この人すげー面白い事やってるよ
http://www2.odn.ne.jp/~cic04500/pyramid01.html




234 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:11:55.06 ID:SBREmaoL0
>>219
これはおもしれー!
計算とかはちんぷんかんぷんだがその計算術をどうやってあみだしたのか、それとも計算以外の方法だったのか・・・
この人の言うとおりピラミッドの概念が変わる日もくるかもしれんな・・・





249 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:20:25.64 ID:qg96wbmc0
>>234
あとこんなのとかなw面白いから読んでみ
日本の巨石遺跡と神社もなかなか捨てがたい
http://www.m1.mediacat.ne.jp/~ho4tab/analemma/04/kyoseki.html




204 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:59:04.44 ID:hlc5C1kk0
古代人の能力は、現在の人間より、かなり劣っていて野蛮であるという
固定概念に固まった人が、オーパーツと言ってるのが笑える。
本末転倒だな




214 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:03:43.08 ID:/b+WCrOZ0
プラトンが『ティマイオス』書いて以来
人間は本当に"ロストテクノロジー"とか"古代文明"っつーのに振り回されっぱなしだな




216 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:05:06.99 ID:rAwiFv0I0
ム━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!



218 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:05:30.24 ID:skp26ZRo0
結局古代のすごい技術には宇宙人がかかわっていたのかどうかが気になる



224 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:08:47.18 ID:wR1m+A3a0
>>218
関わってないといいたい
職人たちの偉大さはいつも認められない




231 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:11:15.43 ID:FrbQuaZM0
天然の原子炉ってのもあるらしいな



233 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:11:27.84 ID:y9taG6UJ0
最近ヤバイのは火星。昔は地球のような環境だった可能性がマジ出てきた
あと超古代文明。ホモ・サピエンスの歴史は20万年程度だが、一万年ありゃ全世界に広がって
滅びる程度できるし、化学文明の痕跡なんてものは何一つ残らないから、普通にあったかもしんない




236 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:12:11.87 ID:/b+WCrOZ0
日本だと古墳よりは"神籠石"にピラミッドと同種の謎解き的ロマンを感じる



240 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:14:24.75 ID:ekx7g5BE0
>>236
久留米の高良山のか?
文献全くないんだよな
一説には卑弥呼の墓じゃないかとも言われてるけどね




242 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:16:46.14 ID:YCYFcbKVO
>>240
kwsk
卑弥呼の墓っていうと箸墓しか聞いたことねえな




247 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:19:58.47 ID:ekx7g5BE0
>>242
いや、あくまで噂のレベル
でも2~3m四方くらいの岩が山の斜面に沿って並んでるんだよ。道もあるし
明らかに人がやってるけど、誰がやったのか手がかりが全くない




251 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:21:11.43 ID:/b+WCrOZ0
>>240
大陸からの侵攻に対する城址とも言われ、
筑紫国造磐井シンパの残したものだと言われ
果てはタタラバや桃太郎関連とも。
けど、神籠石を作った連中が土地の豪族や大和朝廷に仕える同じ技術集団に属したってだけで、
たぶん、神籠石それぞれに用途の別があったんだと考えている。




238 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:13:35.09 ID:KBgeHcay0
ピラミッドを墓って言うと 吉村さくじさんが怒るよ



239 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:13:49.86 ID:EO2DgTu+0
アメリカの4人の大統領の顔彫ってる山
あれも何千年も残るよ
硬い岩石選んで掘ったらしいから




244 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:18:34.38 ID:GZdsoYUOO
アカシックレコード
竹内文書




245 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:18:56.66 ID:N8IALU7+O
1000年ぐらい前の学者が田舎の村に立ち寄ったら上空で星同士が戦ってて
「なぜあの星達は戦ってるのか?」って訪ねたら
「この村の上空にある星はいつも戦ってますよ」
って答えられたっていう話をディスカバリーチャンネルでやってたな

UFO!!UFO!!




248 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:20:08.49 ID:yrxfnGokO
そういえばパルティアだか、バグダッドだかで見つかった2000年前の古代電池は捏造なのかな?
もし古代に電池があれば、ピラミッドの中を電灯が照らしていたっていう話もあながち嘘じゃなさそうに思えるんだけど…




254 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:22:01.68 ID:/EVcHZnM0
>>248
捏造とまでは言えないだろうが
ケーブルが未出土ってことで電灯電力説は不利な状況




253 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:21:59.08 ID:c1zCQPSo0
2010-07-11_043608
コンゴで撮影された写真らしい
真偽はシラネ




266 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:28:26.50 ID:YCYFcbKVO
>>253
奇形のサイ?




273 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:33:39.64 ID:c1zCQPSo0
>>266
エメラントゥカとかいうUMAらしい
戦時中に撮られた写真とか




255 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:22:19.38 ID:bYCpLAFEO
このスレはアーカム財団の提供でお送りしています



257 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:23:49.90 ID:ybZz+KWH0
>>255
俺もスプリガンは好きだったわwww




260 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:25:07.44 ID:cMAHSrkK0
>>257
ティアフラットさんか




262 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:26:10.83 ID:uFs7ujvZO
スプリガン
ベルセルク
バジリスク
ヨルムンガンド




263 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:27:40.17 ID:EO2DgTu+0
>>262
イリヤッド




268 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:28:56.08 ID:uFs7ujvZO
日本の太陽神はアマテラスだが、太陽神が女性というのは世界でもかなり珍しいみたいだね




308 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:49:26.54 ID:SBREmaoL0
時間の流れが遅くなったり、質量が変わる不思議な場所ってあったな
バミューダトライアングル関連で見た気がする




318 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:52:40.14 ID:5zULZjEo0
>>308
「オレゴンの渦」でググってみ




277 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:35:22.86 ID:5c2PlY410
今の文明も何万年もたったら跡形も残らないらしい。
だから何億年前に文明が実は・・なんて妄想した。

チャタルヒュユク?だったか忘れたけど、紀元前6800年頃に
そういう多規模な文明みたいなのがあったらしい。

まぁ、何だかんだいって俺の中では、突然、青銅とか金メッキ使い始めた
だけでなく現在の社会システムの基礎までつくってしまったシュメールは
最強だと思う。




279 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:35:44.36 ID:uFs7ujvZO
神話は本当に類似が多いよなーだから特異点が余計気になる
個人的にはヒルコが何を象徴してるのかがものすごく気になる。アマテラスやスサノオ、ツクヨミの兄弟になるはずだったのに




290 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:40:41.75 ID:9Jl6louz0
>>279
アレはなんとも心くすぐる設定だよな
結婚の法則をミスったのでヒルコ(骨ナシ子!?)が生まれて、しかもそれを船で流しちゃって
やり直したってんだから。
ところでヒルコがやがて恵比寿様になったってのは跡付けの設定?
オリジナルにあるのかな?




281 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:37:12.30 ID:z3X6y1J80
シカやサイに角があるんだから
古代に角のある馬がいたとしてもおかしくない
そしてその生き物が麒麟やユニコーンとして伝説になったていたとしたら……


というロマン




299 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:44:34.93 ID:YCYFcbKVO
>>281
名前忘れたけど更新世に出現した馬っぽい動物で単角持ってるやつはいたらしいぞ(ただしユニコーンみたいな円錐形じゃなくてパチンコみたいなY字型の角w)

そういうの好きなら「絶滅動物大図鑑」って本探してみるといい。大分前に絶版になったが、あれはものすごいwktkをくれる本だ。




292 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:42:49.16 ID:FDI83VudP
謎とは少し違うが、胡散臭くないのがアンティキティラ島の機械
正真正銘のアナログコンピューターが紀元前に存在していた素晴らしさ!




293 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:43:11.70 ID:V0MV8xMwO
今日の調査をもってしても古代人の技術が解明できないってのがおもしろい



301 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:44:36.71 ID:cMAHSrkK0
ちょっと前まで地球空洞説もあったわけだしね



347 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:06:12.11 ID:SBREmaoL0
そういや月も解明されてないんだよな
月がいつ出来たのかも正確にはわかってないし(地球誕生の直後説が濃厚?)
質量もやたらと少ないし軽い、空洞説、宇宙人の基地説があるけどどうなんだろ




353 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:07:27.73 ID:9Pgt5ZHoP
>>347
月の裏には核反応監視用のモノリスがあってだな




355 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:08:28.10 ID:SBREmaoL0
>>353
なにそれこわい




361 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:11:41.55 ID:5c2PlY410
>>353
捏造説が多いが月の裏側にはらせん状の物体が連なった遺跡がある
そうだな。
エウロパとかにも遺跡みたいなのが写ってる映像があるのはおもしろいな。

太陽家の生物の種!?とか言われたイアぺタスってのもあったな。





362 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:11:56.41 ID:yrxfnGokO
なんかで前読んだけど、浦島太郎って宇宙旅行行って帰ってきた人の話なんじゃないかって説があったな

亀を助ける(宇宙人)

お礼に竜宮城に連れて行ってもらう(宇宙人の星)

竜宮城で数日過ごしたつもりが、帰ってきたら何十年も過ぎていた(特殊相対性理論により、惑星間の超高速移動により自分は歳をとらずに故郷(地球)の時間だけが過ぎていた

こう考えると確かに辻褄があうような気がするが…

日本の童話って竹取物語もそうだけど、SFを匂わす物が多いな




367 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:14:31.66 ID:JdylvHuq0
>>362
異界に行って帰って来たら凄い時間が経ってた
ていう話しは世界中に類型があるんだ




370 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:16:58.08 ID:YvpgOw27O
ナギサ原人とか初めて聴いたときwktkしたなー



375 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:21:56.57 ID:9Jl6louz0
月は「オキアガリコブシ説」が好き。(学術的に詳しい人なんか教えてくれ)
空洞とまでは行かないけど内部がスカスカで、一方にだけ重さが偏ってる。
自転ってのは結局は壮大に落下してる真っ最中なんでフラフラしながらやがて
重い方が地球に向いて安定するっての。

で、なんで偏ってるかってのはオカルト説w
元々内部が水で満たされてたんだって。ある時破けちゃって地球に水ドバドバ。
その結果空洞に近くてコッチに重心が偏ってる星になったと。
(ちなみにそん時の天変地異が「ノアの洪水のモデル」になってる、世界中で
発見されてる大洪水だったっての)
さらにそん時水のせいで地球ボヨヨ~ン!普通なら何万年もかかるはずの大陸移動が
加速して地形やら気候やら大変化! なんて話。




377 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:22:11.55 ID:v8Vfwqu30
人類発祥の地と言われてるアフリカにはこういう類の話は聞いた事ないな。



382 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:26:29.42 ID:5zULZjEo0
>>377
ないなぁ、せいぜい王家の谷くらいか
上空を飛ぶとなぜかラジオがぱったり聞こえなくなるから、地元のパイロットでも迂回する魔のポイント




387 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:29:15.47 ID:CorUeHUZ0
遊んで暮らしたいから誰かエマ・モーターくれよ



392 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:31:34.38 ID:/b+WCrOZ0
天皇制百代終焉説とかもあったよな。
足利義満のころだっけか。

実在が確かかつ現皇室の先祖って言う意味では、
応仁天皇から百代で皇室が終わるって話もあったな。
今上帝か皇太子で丁度百代らしい。
ヤマトタケルと大友皇子を天皇とカウントするか否かで変わるらしいが。




397 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:37:25.99 ID:v8Vfwqu30
スプリガンでもちょっとだけ登場してたけど、マッパムンディスもOPになるのかな?



414 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:50:42.16 ID:kT9KsiKSP
私はむしろ、古代遺跡の探求で人生を棒に振るような大人になりたかった。



416 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:51:41.12 ID:YDLGvgaD0
古代じゃないけど三徳山投入堂
千年以上前にどうしてあんな崖っぷちに寺院建てる技術があったのか
どう考えても理解出来ない




451 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:44:19.49 ID:v8Vfwqu30
竹内文書だっけ?
あれとかどうなんだろうね。
富士の麓に文明?みたいなのがあったってのも面白い。




453 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 03:56:28.74 ID:TBVzfQVI0
>>451
書かれた当時には無かったような単語とかもあるらしいし偽書だろうなぁ




457 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 04:47:49.56 ID:SP2GmY+T0
この地球上にまだ花がなかったころ。
植物は恐竜に踏みつぶされ、存続の危機にさらされていた。
そこで植物達のとった作戦とは
「昆虫に花粉を運ばせ、より広範囲に我々の子孫を残す」であった。

植物は昆虫を引き寄せるため鮮やかで美しいもの、すなわち花を咲かせる方法をとった。

そしてこのアイデアがヒット、広範囲にわたって繁栄することができたのであった。
さらに花だけでなく、蜜もつけることによってより昆虫達を引き寄せることが可能となった

目も口もない植物がどうしてこんなことを考えることができたんだ?マジパネェ




501 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 12:24:57.71 ID:3Fuc1OIq0
>>457
え?恐竜がいた頃って花なかったの?




503 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 12:26:56.41 ID:iidyGbTp0
>>457
たまたま鮮やかで美しい花をもつ植物が生まれてそれが生き残っただけ




458 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 04:52:34.05 ID:l9+aAaaP0
与那国沖海底遺跡



462 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 06:44:07.01 ID:MpqIyPt1O
聖骸布だっけ



464 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 06:54:56.76 ID:YCYFcbKVO
>>462
C14の年代測定では後世の贋作って結果出たが未だに議論が続いてるみたいだな




465 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 06:54:57.06 ID:skp26ZRo0
>>462-463
kwsk




474 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 09:01:35.92 ID:SBREmaoL0
>>465
キリストの遺体を包んだ布
人型の跡らしきものがシミとして残ってる
ググるとなかなか興味深い




467 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 07:51:24.30 ID:UIguaVwf0
代々非童貞の家系の末裔が童貞である浪漫



468 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 07:57:48.09 ID:6mPzJ+yO0
代々童貞の一族だっているらしいぞ



469 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 08:26:20.03 ID:Ivo092kz0
ロストテクノロジーだの超古代文明だの、今でもできないようなことをやってのけた人々が
どうして今の人々でもわかるような「後世に残すための努力」をしなかったのかが気になる
アナログコンピュータのようなものがあったなら、もっと発展するかもしれなかったし
石や紙で満足しないでもっと保存のきく媒体を探したりするんじゃなかろーか。




480 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 10:29:30.41 ID:kE2g7RDU0
>>469
信じられないかも知れないが、最も未来まで残せる可能性のある方法が
「石に刻むこと」なんだよ
紙はカビや風化でどれだけ厳重にしておいてもボロボロになってしまう
俺らの使ってるパソコンやフラッシュメモリもデータが残るのはせいぜいウン十年
CDやフロッピー、DVDなども100年ほどでデータが壊れてしまうそうだ




490 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 11:07:45.11 ID:9LPvf5O60
人類の痕跡で一番長く残るのが月面の足跡ってのもまたロマン



494 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 11:54:29.79 ID:6J8P32pjP
ウガヤ王朝とかすっげー興味あるんだけど




495 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 11:59:12.96 ID:5zULZjEo0
>>494
架空の王朝だとされてるが




496 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 12:03:12.49 ID:6J8P32pjP
>>495
だとされている、だけで本気で調べてないっしょ?





498 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 12:09:41.51 ID:5zULZjEo0
>>496
どうだろうな、調べられるところを調べつくして「架空」と判断されたんだと思うが




502 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 12:26:26.89 ID:gN4bzPcl0
隠れキリシタンって文字におこしたり口答で伝えるの憚れるのに
200年以上も伝承し続けたってすげえな。やはり信仰は強いのか




512 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 14:34:09.08 ID:SBREmaoL0
古代中国の夏って国ほんとにあったんかね
その時代の遺物は発見されてないらしいが




513 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 14:42:07.92 ID:5zULZjEo0
>>512
夏王朝だと断定できる遺跡は発掘されてないが、それに合致すると思われる時代の遺跡ならある
ニ里頭遺跡とかがそれだけど、どうにも史実に出てくる夏王朝とあまり一致しない
つまり語られる夏王朝≠発掘された殷以前の遺跡ということになってるね




521 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 15:42:31.27 ID:eWZ6lVw50
聖徳太子はキリスト教関係者が捏造したって話もあるらしいな



523 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 16:13:20.57 ID:9Jl6louz0
>>521
「うまやどの」皇子つーて馬小屋の前で産気づいて生まれたと。このヘンたしかに
キリスト教がかかわってるっぽいよね。
でもその後強力に仏教推進して日本仏教の立役者になってるところに矛盾を感じる。
どういう説だったのかよかったら教えてくれい




526 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 16:23:37.80 ID:3+uBzLwn0
>>523
伝説(これはまあかなりあれだが)も含めると類似した部分が多いからだったかな。
日本書紀自体が大体100年後に作られた物だったから
厩戸の名前を生かしてキリストのような伝記を組み込んだとかなんとか。




527 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 16:32:24.07 ID:KSp5Zj9bO
これらの謎に興味あるな
http://www.archives.go.jp/exhibition/summer_15.html




533 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 16:55:13.28 ID:/b+WCrOZ0
>>527
>>常陸国近海に漂っていた怪しい船
これは朝鮮の一種の拷問刑罰装置だろう。
このなかに罪人を入れて海に流す、事実上の死刑。
右上の絵文字みたいなのは、この装置に付属していたハングル文字を、発見者の日本人が写し取ったもの。

>>寛政年間の河童
これは、当時のゴムフェチの人間のために平賀源内が発明した一種のラバースーツ。
ご存知のように、寛政年間は松平定信が政権についていて、彼は民衆の性的嗜好にすら介入しようとしたため
源内先生の遺作をもって、その弟子が定信改革の行き過ぎを諧謔するために使用したらしい。
(平賀源内は安永年間にすでに死去)
エレキテルの実際の使用方法も、このラバースーツの防電密閉性を計るために作られたとか。




536 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 17:32:08.87 ID:HzUI4GZ80
なんかちびっ子原人が見つかったじゃん。
あれとかもロマンだよねー。
絶滅させられたんだろうけど……




537 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:09:03.87 ID:YgZCdNi2O
天皇って世界で一番長く続いてるの?



539 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:19:31.18 ID:/b+WCrOZ0
>>537
王朝としては継体天皇ことオトドオオキミ以降は、そういうことになってる。
継体天皇は応神天皇の五代孫って触れ込みらしいから、血統的にちと怪しい。




542 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 18:58:00.80 ID:jWGr2p090
確かアメリカかどっかの昔の写真に明らかに現代風の服を着た男が写ってる写真を見た覚えがある
誰か持ってないか




547 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:35:38.71 ID:XljjhAwU0
>>542
見覚えあったから探してみた
20100711-043835_




550 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:41:22.61 ID:3Fuc1OIq0
>>547
なにこれ詳しく
サングラスしてる男が現代人ってことか?




551 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 20:02:06.80 ID:9Jl6louz0
>>547
ちょっとだけ写真をカジってる俺にはパッと見で
「これフォトショじゃねwww」って印象受けた(もっとちゃんと見ればまた別かもだが)
男の頭デカ杉w
カメラのレンズの性質で考えると、レンズの真ん中からの直線距離で小さくなる率が変わり、揃う。
男の前に居る帽子かぶってる女性とほぼ距離が同じじゃないかって考えると、男、顔デカ杉。
右下の笑ってるおじいちゃんの頭とも比較してみよう。さっきの女性とおじいちゃんの頭とを
比べるとレンズの広角具合がなんとなく解る。だいぶ奥は小さいよね?
おじいちゃんの頭と男の頭ほぼ同じ。コイツがよっぽどの大男でないとって思う。
実際に巨大な男っているけど、チェ・ホンマンみてみて。人類がある水準より大きいとアゴがでかかったりで
「あ、この人大男だな」ってのが解るもん。それらの目でみると・・・
あくまでも俺がパッと見た印象ね。




543 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:15:33.91 ID:xEAf8mnP0
青森県民だけど、新郷村のキリスト伝説とか面白いな~と思う。
もちろん本物のキリストが来たとは思わないけど、
キリスト教徒がはるばる中国を経由してこの島国まで来た可能性はあると思う。

言い方は悪いが、宗教のキチガイじみた情熱はときどき
ありえないだろと思うようなことをしでかすからね。




545 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:27:40.36 ID:Zi+2PEGR0
>>543
結構古い時代に景教として中国まで来てるしね




554 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 20:21:49.77 ID:5c2PlY410
>>543
青森県のキリストの墓は明治~大正のいつ頃かは忘れたけど、
キリスト日本移住説を支持していた人がここはきっとキリストの墓だ!と
言って墓を造らせたらしい。

またキリストは日本に来たあと、アメリカへ渡ったとかいう話もあるらしい。
アメリカの古代の神話のいくつかが「神は再び帰ってくる」という内容が
あるのはそのためらしい・・真相は不明だが・・




544 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:17:58.09 ID:C8zev2Te0
草薙の剣(偽物?)を見てみたい



548 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 19:37:59.58 ID:5c2PlY410
>>544
草薙の剣の同形状と思われている剣は出土している(あくまで説だが)。
三雲王墓の銅剣と同じタイプの物が熱田に祭られて、それが
後の草薙の剣と同一視され始めたんじゃないか?とか、
韓国出土の魚の鰭型の柄を持つ鉄剣ではないかとも一部でいわれている。

江戸時代に草薙の剣をのぞき見たという記録による形状に一番近いと
思われるのは三雲王墓のものでは?という意見が多いらしい。
俺は中国戦国式の剣では?と妄想している。




580 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 21:21:22.95 ID:2fBCOuFTP
インドネシアあたりに小人の子孫が住んでいるって話はどうなったの?



582 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 21:23:38.11 ID:Zi+2PEGR0
>>580
フローレス島でその骨が見つかったって話で生き残っちゃ居ないだろ




597 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:03:08.33 ID:amKZAK0c0
青森って独特の形の土偶が出土したところだよな
人間をああいう風にアメリカのアニメのごとくデフォルメできるのもすごいな




600 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:17:21.75 ID:MV8s/UJz0
>>597
遮光器土偶の事?ちなみにあれは地元で「しゃこちゃん」と呼ばれている




601 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 22:23:47.67 ID:/b+WCrOZ0
>>600
木造駅のビッグしゃこちゃんマジ可愛い




627 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 23:49:19.40 ID:h9PmGeBaP
最後の晩餐の絵画で消されてる人物はユダではなく
イエスの妻だという特番見たけど、どうなのこれは。




629 :VIPがお送りします:2010/07/08(木) 23:54:49.26 ID:/b+WCrOZ0
>>627
あり得なくないよな。
イエスの兄弟の何人かは結婚してて、教団の聖職者的位置にいるわけだし。
(コリント人への手紙など参照)




632 :VIPがお送りします:2010/07/09(金) 00:50:41.70 ID:VzvANbdiO
古代の謎といえば、昔から疑問だったのが人身御供の存在。
日本のあちこちに生け贄を捧げたって昔話が残ってるが、本当にそこまで人身御供が浸透していたようには思えない。
橋を作るときの人柱は実際によく行われたみたいだが。




667 :VIPがお送りします:2010/07/09(金) 03:06:10.55 ID:6tUxLtXm0
>>632
材料学でよく言われるのは、製鉄の過程でリンや硫黄を付加するために溶鉱炉に生贄落としたとか




682 :VIPがお送りします:2010/07/09(金) 05:22:29.10 ID:DP8XU/P00
オーパーツとおぱんつって似てるよね



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278504484/

この記事についたコメント
1.あ 2010年07月12日 00:09
いち
2.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 00:16
古代祐三じゃないのか・・・
3.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 00:35
最後台無しwww
4.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 00:42
そうか小民家とかにある淡く波打ったガラスもロストテクノロジーか
惜しい
5.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 00:50
おい。最後のやつぶち壊しだよいろいろと・・・
6.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:07
古代史は少ない事実の間を妄想で埋める学問だって古代エジプト大好きな教授が言ってた
7. 2010年07月12日 01:10
最後の一個前は獣の槍ですね。
8.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:14
ジエメイさん…
9.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:22
そろそろ方舟をつくっておかないと・・・
10.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:24
おもしろかった
11.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:26
こういうのってさ、冷静に見てしまうとアレだけど
子供心に帰って見ると最高にわくわくするよね
12.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:49
ムー毎月読んでたのはいい思い出
13.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:51
>>375
ネオパラダイムASUKAか
14.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:54
守と進ってどっちが兄貴だったっけ。
15.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 01:58
ロンゴロンゴは「学んだことを時々おさらいするのは喜ばしいことだ」「友達が遠くから尋ねてくるのは楽しいことだ」「口の上手いイケメンは信用できねぇ」みたいな内容らしい。
16.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 02:13
説って言えばいいと思うなよ
17.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 02:19
187
ヘミングウェイか? アレだとキリマンジャロだが……。

554
スティールボールランかよw
18.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 04:02
187は、キリマンジャロじゃないかな?
ヘミングウェイの『キリマンジャロの雪』って短編小説の冒頭に氷漬けの豹の話が出てる。
何のために、ここまで来たのか誰も説明できる者はいないって感じで。
19.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 04:04
375はアスカキオのマンガとかの話だったかと…。
まぁ、サイエンスライターらしいけど…。
20.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 04:19
旧約聖書では世界は一度大洪水でほろびている
21.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 05:45
ピラミッドの謎。
100万キロも離れた山脈から切り取った石をどうやって運んだのか。当然丸太説はありえない。切り取り失敗した跡がどうみてもレーザー。そもそもレーザーじゃなくてもどうやってあんな滑らかで正確に切り取れたのか。

こんな感じの巨石文明が世界中に散らばってる。
22.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 06:07
アフリカで最も興味深いのはドゴンの民の
話だな。
興味ある奴は、ドゴン神話 シリウスでggr
23.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 06:54
浦島太郎はアダルトの表現が多いおとぎばなしで
明治時代に今知っているような子供向けに改変されたらしいな

いろいろと単純化されたようで省略分の辻褄を合わせるために
玉手箱の役割まで変わったとか
24.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 07:24
こういうスレに溜まるのって日本語ヘタクソなカスばっかだな
25.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 08:23
生命の存在自体が一番の古代からの謎だと思うんだ
26.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 09:59
硫化水素の海で、アミノ酸が生まれた説が否定され
宇宙のちりが地球に落ちて増えたことが、定説になった

生命自体が宇宙では珍しくともなんともない
どこにでもある塵
27.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 10:29
トルコだか中東のどこかでノアの箱舟の跡地が残ってるとかいう話しあったな
山の斜面にそれっぽい窪みがあるだけなんだが、それ見て箱舟の跡だなんてよく思いつくわw
28.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 10:33
※23
それは謎でもなんでもないだろwトリビアでやってた話じゃねーかw
29.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 10:40
実証はどれだけ証拠集めるかだからな
ノアの箱舟の跡地を成分分析にかけて実証されれば事実
分析結果が異なれば偽証

ツングースカ大爆発とかどう見ても核実験だが
隕石だよと言われれば隕石になる

真偽の実証がなされていない事柄に対して
勝手に白黒つける奴が池沼のキチガイなだけ
30.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 11:04
ジョヨボヨの予言みたいのが面白かった記憶がある
31.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 11:25
数万年後、21世紀の遺跡から発掘された
エログッズが博物館に陳列…。
32.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 11:28
オカルト学院おもしろいお
33.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 11:30
代々童貞の一族・・・だと?
34.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 11:49
義経の墓がないのにキリストの墓がある東北
35.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 12:22
古代にも中二病患者とラノベ作家がいたと思えば
殆どは説明できる。
36.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 14:04
※21
このまえテレビでセメントって言ってたよ
37.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 16:01
邪馬台国の本当の所在地を知りたい!
卑弥呼が美少女かどうかも知りたい!

それと誠に申し訳ないが
歴代天皇のY遺伝子が本当に切れることなく繋がっているのか知りたい
天皇の祖先を遡ると日本人の起源も解明できるような気がするんだよね
38.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 16:08
>>392
明治天皇が「この御先祖様ちょっと可哀想だから天皇にしてやろう」って言ってるから、本当は125代より少ないんじゃないか?
カウントしてなくても○○天皇になった御先祖様いるしね
39.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 17:19
ピラミッドは宇宙人たちが
地球人に鞭でしばかれながら
一生懸命人海戦術で作ったんだよ
40.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 19:20
結局捏造ばっかだったよな
41.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 19:45
今の文明が滅びてから数千年後の考古学者が、
遺跡から大量に出てくる円盤(CDやらDVDやら)を見てどんな想像するのか・・・
42.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 19:53
ちょっと前テレ東の番組でやった邪馬台国徳島説って盛り上がらなかったな

奈良で決まりなのか?
43.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 20:13
HDDの磁性体もDVDの色素も破壊されてるから
マジでただの円盤になるなw

たまたま状態が良い物が見つかっても書いてあるのは

01010000101100100110010010010100101……

0と1が並んでるだけw
44.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 21:30
このヘンのハナシ好きなら
高橋克彦の「竜の柩」読んでみるのも良いかも。
タイムスリップ以降はアレだけど・・・
45.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 22:04
>>198は俺もことあるごとに主張してる
実際美人の基準ってあんま変わってない
下膨れの平安美人とかも微妙なとこだし
46.ぶらぶら名無しさん 2010年07月12日 23:02
檀君
47.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 01:01
天皇は途中でほぼ他人のとこから引っ張ったりしてるからたしかに血統は微妙だな。でも名前だけなら最長だろうな。

面白いのは、他の国では皇帝や国王を倒して自分が皇帝になるのに、日本ではどれだけ勢力があっても天皇から位を貰ったりするだけで終わる。

他の国のように天皇を倒して自分がなろうとする人がいないところに日本人の奥ゆかしさを感じるな。
48.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 02:42
投入堂はそんな不思議じゃないと思うけどなあ
49.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 02:47
>>547はちゃんとこの頃に売ってた服とサングラスだって結論になったな
フォトショでもなんでもなく
50.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 02:54
米23
そもそも文章上手い人なんて文筆業でもめったにいないんだから当たり前だろ

米47
ナンバー2(実質ナンバー1)の方が好き勝手出来るからとも言われてるね
摂政とかその典型だけどさ
51.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 02:59
カテゴリ意味ねー
52.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 04:31
アマテラスの本名がヒルメだからヒルコは
53.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 06:23
月の位置も都合が良すぎるんだよね。太陽と同じ大きさ見えるとか、一日一周や満ち欠けの周期が約一月、あと同じような衛星が他にないなど。
偶然にしては出来すぎてるんだよね
54.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 11:51
ハングルとか使われだして100年もたってないから…
昔はずっと漢字使ってたよ
作られたのは昔だそうだけどね
55.774 2010年07月13日 13:15
天皇はいわゆる王とか皇帝じゃなく、神道の祭司長みたいなものなんだよ。実際、現在でもいろんな儀式をされているらしいし。
だから成り代わるんじゃなく、位をもらって日本を治めていたという話。
56.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 16:02
>198は何を言っているんだ?
57.ぶらぶら名無しさん 2010年07月13日 22:45

スペインから独立しようとしているバスク人たちの

先祖は、はるか昔、はるばるトルコあたりから

イベリア半島に移住してきたらしい。
58.ぶらぶら名無しさん 2010年07月14日 02:23
>目も口もない植物がどうしてこんなことを考えることができたんだ?マジパネェ
まさか進化論を知らないのか・・・?
突然変異と自然淘汰だよ
虫はより鮮やかな色彩を放つ植物に吸い寄せられるだろ?
突然変異でそのように生まれた植物は、虫を吸い寄せやすいために子孫を残す確率が少し上がる
比較的鮮やかではない植物は、その確率が低いので死滅し淘汰される
これが自然淘汰
各々の突然変異による特徴が子々孫々受け継がれ、その特徴が濃くなっていくから
今のようにさまざまな特徴をもった草花が生い茂ってるんだよ
59.ぶらぶら名無しさん 2010年07月14日 04:15
変な推論をして陰謀論・エセ科学風味に語る奴が出てくると
この手の話の面白さが激減して萎える。
60.あ 2010年07月14日 15:03
>>67 インカ人って人を疑う事を知らなかったから滅んじゃったんだっけ?
61.ぶらぶら名無しさん 2010年07月14日 19:57
虚船の話ってト学会でも流刑人を流した船とかで結論づけているけれど、あんな形の船世界のどこかに存在した図版があるのか?見たこと無いんだが。UFOとか言うつもりはないんだが、あんな密閉型の船があの時代にあったのか大変疑問なんだが。
62.ぶらぶら名無しさん 2010年07月20日 00:55
インカは単純に弱すぎただけだと思う
アステカもそうだけど、ガチンコ戦争をしたことがなかったのは大きい

同時代の日本は戦国時代で、戦力・文化ともにヨーロッパに引けを取らなかったのだがな。
63.ぶらぶら名無しさん 2010年07月25日 14:29
533とか551とか

無理矢理捏造だと決めつけたり、無理な仮説で否定する輩がいる限り、この分野の探求ってのは進まないね
64.ぶらぶら名無しさん 2010年10月18日 00:45
水晶ドクロって問題は光を当てた時の屈折が一番の問題じゃなかったっけ?

コメントする
お名前

過去の栄光

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
Livedoorサービス
  • ライブドアブログ